« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

PSG!

私的にクラブW杯の対マンU戦以来のドキドキワクワクがやってまいりました!
パリ・サンジェルマンの日本ツアー最終日、INパナソニックスタジアムのガンバ戦です。
私はParavi観戦。

試合直前のガンバ公式YouTubeチャンネルを見ながら、PSGとガンバのOBであるエムボマ氏の登場に懐かしさを覚え、ガンバボーイと相手のマスコットの 友好ムードにほっこりし、反田さんのピアノにうっとりし、そしていよいよ選手入場。

超豪華メンバーが日本にいるなんて…。
ああ、興奮と同時にとても緊張。
キックオフの瞬間が待ち遠しかったです。

試合はと言うと…
出だしガンバも前にボールを運び、コーナーを取ったりシュートを打ったり、攻撃的に相手ゴールへ迫ります。
それでも一瞬の隙を狙ってボールを奪うPSGの選手たちのポテンシャルに感嘆&ヒヤヒヤ。
ピンチのカバーが速すぎる。
さすが素晴らしい。

立て続けに東口選手のビッグセーブがチームを救います。
東口選手が神すぎる。

とはいえ1対1では、やはり相手が一枚上ですね。
ミスを逃さず確実に決められ先制点を許してしまいます。
そしてネイマール選手へのファールで PKを与え…ってアレ当たってへんやん。PK ちゃうやん。
VARないのわかってやっとるやん。
マリーシアってやつにやられましたわ。
それだけゴールにこだわっているということなんだろうけど、ちゃんと見てほしかったなあ、審判さん。
というわけで2失点目。

しかしその後ガンバの選手何人もが相手ゴールを狙い、最後に黒川選手が決めて1点を返します。
黒川選手は今日もすごく良い!
マッチアップで負けてないし、プレーに目が釘付けになります。
2-1。

しかしふと頭によぎるのは、あのマンU戦。
2-0でマンUがリードしていたところ、ガンバに1点を許してから、ちょい本気モードになって、ビシバシゴールを決められたことを思い出します。
そんなデジャヴが再現されようとは…。

PSGの選手は一つ一つが上手いし速いし正確だし。
これがワールドレベルだというプレーを目の前で見せつけられます。
ガンバも少しずつ下がってきて、パスミスもあったり、苦しい状況。
東口選手がいなかったら何点取られてるのかと思っていたけど、それでも前半だけで4失点。

でもマンU目当てで試合に来ていた観客が、だんだん自然とガンバを応援するようになっていった、あの時のような流れが今欲しい!

後半途中交代出場の奥野選手の周りが見えてる感が凄くて、期待が高まります。
そして生まれたのが山見選手のゴール!
 
流れから2点も取るなんてすごいわ!
もう1点ガンバが取ったらあの時の再現に!

とはいえ、やはりそこまで上手くはいかないもので、ちょっとしたミスを逃さず堅実なプレーのPSGに失点を重ねてしまいます。
結果6-2の敗戦。

それでも試合がとても面白かったし、スター軍団の選手の凄さを改めて確認できたし、ガンバの選手にとっては良い経験になったと思います。
東口神は健在だし、メッシ選手やネイマール選手、エムバペ選手のレベチなプレーにひたすら感動。
ちなみに私はマルキーニョス選手が好きです♪
現地に観戦に行かれたみなさんが羨ましすぎる。

ガンバの選手たちはこの経験を活かしてリーグ戦で勝利を掴んでほしい!
世界最高峰レベルの選手と試合できたことは、ものすごく大きな財産になると思います。
こんな経験をできた選手達が、強くならないはずはない!

リーグ戦、気合入れて応援していきます!


またしてもダービーで負けてしまい…

昨日のダービーの結果に頭を冷やす期間が必要で、やっと少しは冷静に振り返ることができるかな、と気を取り直しております。

この試合で地獄の連戦が一旦落ち着くのですが、 ダービーなのに気持ち的に盛り上がらない…。
セレッソとの対戦今年もう何回目?
勝ってほしかった…。


試合はと言うと。
ダワン選手、前回の試合で怪我かと思ってましたが、大丈夫だったので良かった〜。
新加入の鈴木武蔵選手と、先発の中村選手に期待したいです 。

不安な気持ちで試合を見始めますが、惜しいシュートがあったり、結構攻めている内容に自然と気合が入っていきます。
中村選手がチョロチョロ動いてボールをさばいている 。
前へ運ぼうという気持ちが伝わるわ~。

するとコーナーからギョンウォン選手のヘッドがバーに当たり惜しい!と思っていたところ、再びコーナーからギョンウォン選手のヘッドでゴール!
先制!
コーナーを蹴った石毛選手のボールが素晴らしかったです。
この勢いで追加点が欲しい!
前半の飲水タイムまですでに5本シュートを打ってます。
とにもかくにも早く追加点を!

すると飲水タイムが終わった頃から、少しずつセレッソがボールを回すように。
しかし東口選手の神セーブもあったり、なんとか踏ん張って失点を免れたり、ヒヤヒヤする前半でした。

でもリードしてはいるものの、何となく不安な気持ちが…。
失点するとガタガタ崩れる傾向があるのでそれが怖くて…。

と思っていたら、後半すぐに失点。
いやな予感はしていたんだけど…。

そこてガンバに帰ってきた食野選手IN。
ゴールを狙ってほしい!

と祈っているものの、試合はなんかここのところよく見たような展開に。
ああ、怖すぎる。
余裕がなさすぎる。
全然マイボールにならない。
いいようにボールを回されているのが悔しくてたまらん〜。
たまにボールを保持できても、出しどころなく下げざるを得ず、 ボールを前へ運べない。
きつすぎる…。

足が止まってしまうのは、地獄の9連戦も大きく影響しているとは思うけど…。
久しぶりに 坂本&食野選手の惜しい展開に心が洗われ、そのおかげか一息つく時間帯があり、攻撃できるモードが訪れます。
しかしゴール前でもっとスムーズにシュートを打てないのか…と頭を抱えていたところ、最後の最後にやられて終了。
攻めていた時にもっとシンプルにゴールを狙ってほしかった…。
ヘコむだけならつらいので、いいところを上げるとするなら、数々のピンチをしのいでいた三浦選手が私的にこの試合で一番よかったと思います。

でも…セレッソとは交代で入ってくる選手の差がありました。
交代は強度を上げるためなのになぜ?
失点したらバタバタ交代するように見えてしまいます。
後半44分頃のパス回しに絶望感を覚えました。
まさか引き分け狙いじゃなかったよね?
悲しいなあ…。
それでもようやく連戦地獄から解放されるので、今後に期待するしかないです。

ああ、PSGとの試合、どうなることか心配です…。


なかなか安定しない…

きつい日程が続きまくってますが、今日の試合、対湘南戦はどうなることやらと思っておりましたが…。

湘南は上り調子で完封を続けており、そしてガンバをよく知る山口監督です。

出だしからシュートを打たれ、湘南は前でガンガン運動量活かしてここぞというときに攻めてくる。コワい~。
こういうチーム苦手とするところです。
パスコース消されているし、ガンバはボール持ってもなかなかシュートまで運べずマイボールにならない展開。
前線へロングボールを多めに仕掛けようとしますが、あまり効果はない。

前節の前半とは全然違う展開。
そりゃまあ、なかなかしんどい状況。

前半35分小野瀬選手の鋭いシュートでやっと初シュート。
こういう流れの中、セットプレーを大事にして欲しいんだけど…。
そんな時にボールが相手に渡り、あっさり失点。
効果的なパス回しができなかった中で、そこを突かれたのがツラい。

うーん、今日はなかなか連携がうまくいきませんね。
後半入ってなんとか同点に追いつきたいところですが、チャンスが来てもシュートまで行けず。
でも前半よりは動きがスムーズで、前半10分で3枚替えの攻撃モードに。
早速フリーキックにパトリック選手のシュートがバーをたたき、詰めたシュートは惜しくも枠外。
いい時間帯に得点してほしいと思われていたところ、やはりミスが多くなり、だんだん相手にペースを握られていきます。

前線にボールが出ても収まらない。
大ピンチの後パト倒され相手退場。
でも1人退場したというのに、何もできなかった。
終盤フリーキックにめっちゃ時間取ってたのに、ボールは狙いが外れ…。
そんな時間あったら攻撃してほしいと思ったりして。
体力的にキツ過ぎたかもしれませんが…。

結局1-0で完封負け…。
湘南にしっかり対策された結果ですね。

まあ言いたいことは「なんなん、このふざけた日程!」と、東口選手のフリーキックが1番印象的だったということかな。

厳しい戦いが続きますが、何とか浮上して欲しいです…。


希望が見える展開

連戦連戦、まして中2日が連続する厳しい日程の中、対浦和戦です。

その前にガンバ大阪公式YouTubeチャンネルをいつも楽しみにしているのですが、今回は加入が決定した鈴木武蔵選手登場!
鈴木選手の背番号45のユニを掲げていたサポーターさん、仕事が早い!
もう期待しかないです。
その後OB都築龍太氏も登場し、懐かしいVTRを観て照れる姿にほっこり。

そしていよいよキックオフ。
試合開始してからガンバが押している展開。
シュートもあったり、相手ボールを奪取したり、ゴールに迫る攻め上がりに期待が膨らみます。
広島戦から坂本選手&福岡選手の素晴らしさが際立っております。

ガンバのボールが繋がる繋がる。
動きが軽やかで速い攻撃。
ピンチのシーンも落ち着いた対応でゴールを割らせない。

それにしても坂本選手、ターン上手いしポストもできるし、希望の星ですわ~。
一皮剥けましたね。
大型ストライカーになること間違いなし!

シュートを撃ちまくる流れにウキウキ。
前半20分までにすでに9本シュートを打っていて、すっかりガンバペースで進んでおります。
サイドチェンジもスムーズで観ていて安心感がありますね。

この攻撃の中で先制点が欲しいと思っていたところ、東口選手がつなぎ、坂本選手の華麗なドリブルから石毛選手の鋭い軌道のクロスを受けた齊藤選手のゴールで先制!
なんて気持ちいい流れからの得点。

東口選手のナイスセーブが立て続けにあり、そこから早い攻撃で倉田選手のシュートへ繋がり2点目!。
最高だわ!と思ったらオフサイド。
残念…。
相手攻撃もDF陣がゴールを許さず踏ん張っている。

前半の内容は最高。
ここにきてようやくチームが機能してきた感じですね。

後半入っても流れはよく、ピンチもしっかり対応。
石毛選手のコーナー&フリーキックに得点の匂いがします。
ヤット並みの期待感。

そして後半14分にダワン選手と藤春選手が交代で出場。
ただこの頃から選手の疲労が明らかに見え始め、じわじわ浦和が繋げてきてピンチの場面が作られ始める。
押される展開が増えて、怖くて見ていられない~、テレビの前から逃げたい~、とヘタレ根性が出て来る自分に喝。

時間が経つにつれ選手みんな疲れがピークに達しているのがわかります。
足を攣る選手も多数。
ああ、もう祈るしかない。

そんな中後半45分、PKで同点にされてしまう。
力尽きたのか…。
ヒガシもコース読んでたんだけど、厳しいコースだったから仕方あるまい…。
(あれ?相手ゴール裏声出しいいの?なんでなん?)
そしてそのまま同点で試合終了。

あと少しで勝ち点3だったんだけど、後半はいつ点取られてもわからない試合内容だったので、勝ち点1は悪くないと思います。
厳しすぎる日程の中、勝ち点1を取れてよかった。
押せ押せの前半もう少し得点できていればよかったんだけど…。
でも選手の勝ちたい気持ちがビシビシ伝わって来て、もう胸が震えました。
こんな試合を待っておりました。
札幌戦とはなんだったのかという変化に、もう希望しか見えません。

熱い試合をこれからも継続していってほしいと心から願います。



« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ