« 2022年2月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

ダービーは

乾杯したかったのに完敗でした。(駄洒落ダサ…)

用事があったので、スマホでDAZN観戦でしたが、山見選手のゴールが決まってラッキー!
と思っておりましたが、やはりそんなに甘くはない。
終始セレッソペースだったので、いつ点が入ってもおかしくない状況にひやひやしてました。
結果は…。

とにかくなぜあんなに繋がらないのか、動き出しも遅いし、かみあわない、観てる方も混乱しています。
スーパーサブ的な存在もいないし、交代もあまり効いていないような…。
なんだか選手が迷ってプレーしているような感じ?
主力に怪我人多い上に、複数人のコロナ離脱。
試合に臨むのに頭を抱える状態になっているのはわかります。
ただ、その出場チャンスをものにしてやろうという迫力が感じられません。
もっとがむしゃらなプレーが観たいです。
死に物狂いでボールを前に進めてほしいと心から願います。


そんな中、また残念な出来事が起こっております。
物を投げ入れるのは言語道断ですが、連続してゴール裏で発生しております。
その行為何?
選手に詰め寄って何するの?
サポーターってどういう存在なのですか?

対戦相手にブーイングをすることはあっても(危険なプレーとか)
自分の応援するチームの選手に罵声を浴びせるのは全く違うと思います。
選手へのリスペクトがなさすぎる。
ましてこのコロナ渦、試合を開催する上での決まりごとすら守れていないのはどうなのか?
自分の行動がクラブやファンに、どれほど迷惑をかけるのかを想像してみてほしいです。
こんなことが続くようなら、また一時期のような閑散としたスタジアムに戻ってしまう危険があります。
プレミアリーグが暗黒時代を経て、観客が普通に観戦できるようになった経緯を思うと、なぜそうできたのか答えは明白です。
私はスタジアムで暴れる人達をサポーターだとは思っておりません。

悲しいダービーで暗い週末でしたが、昨夜のプレミアリーグの優勝争いの白熱した試合に心が揺れました。
それにしても観客の反応で、優勝の行方がどうなっているのか二転三転する中、選手もやりにくいだろうなあと。
また優勝争いの熱狂をガンバでも感じたいと思う寂しさを、一刻も早く払しょくしたいです。
まだまだ諦めていませんから。



届かなかった手紙

ガンバの勝利で気持ちいい週明けを迎えた私です。
早く次の試合が観たい~。水曜のルヴァン~。そしてその次は週末のダービーです。
ハードな日程が続きます。
ハラハラドキドキですね。

そんな中お知らせがあります。

本日発売になりました増刊ハーレクイン6号に、新作を掲載していただいております。

スーザン・マレリーさん原作「届かなかった手紙」中山紗良です。
Todcolor

こちらの作品は、約束していた未来を裏切られた主人公シエラが、その古傷の原因であるディランとの10年ぶりの再会から始まるお話です。
裏切りの原因と、衝撃的な事実を突き付けられたシエラの心の動きを、丁寧になぞっていこうと挑んだ作品です。
シエラはカウガールなのですが、牧場のシーンを描くのが結構奥深くて大変でした。
カウガールの仕事っていろいろ大変なんだなあと原作を読んで感心いたしました。

ぜひ読んで頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。


厳しい中で手にした勝利

コロナの影響で複数の選手が離脱する中でのアウェイ柏戦。
ああ、もうコロナを憎む…。
一日も早い復帰をお祈りするだけです。
怪我人も多いし、こんな状況下でなんとかやりくりしていかなければならない難しさは想像を絶します。
ただもう試合が中止にならなくてよかったと…。

さて緊張の中試合開始。
互いに早い展開。
山見選手の惜しいループシュートもあったり、出だしの動きはよかったのですが、だんだん柏ペースに。
「後ろでボール回しても意味ない」
「中盤で回せ」
「ポゼッションサッカーじゃない」
などと隣からブツクサ聞こえる雑音を無視し、試合に没頭。

山見選手がサイドを駆け上がり、鋭いクロスを上げたりするのにワクワクしました。
が、途中サイドが変わってから持ち味が消され…。
とにかくボールが回らない、マイボールにならない、少しパスがずれたりしているうちに、柏のパス回しを許す展開に。
守備陣の踏ん張りと、一森選手のナイスセーブもあって得点は許さないギリギリの戦い。
この試合は中村選手の見せ場がなく、イエローをもらったこともあったてシウバ選手と交代。
ああ、もっと観たかったな~。

ただ後半三浦選手が交代で入り、後ろ1枚増えて安定し、三浦選手のプレーが効いていることもあって守備陣が踏ん張り続け、相手の攻撃をしっかり抑える場面もあり、少し安心して観られるようになりました。
でも雑いプレーもあったり、ほとんど柏ボールだった中、巡ってきたチャンスにダワン選手がシュートを決め、なんと先制!
ひたすら勝利を神様にお願いする状態。
その1点を守り切り、ガンバが勝利した瞬間ヘタれ込みました…。

終始押され気味の中勝てたのは素晴らしい。勝利への執念ですね。
足が攣って交代した選手や、試合終了後倒れ込む数人の選手を目にすると、この試合がどれほど厳しい戦いだったのか胸にぐっときました。
大変な状況の中勝ててよかった…。
ガンバの試合が観れてよかった…。

さてJリーグタイムもやべっちスタジアムもしっかり見ようっと♪

 

大谷サン

だんだん調子が上がり、ここのところ大活躍中のMLBエンゼルス大谷選手。
一昨日はサヨナラに絡み、昨日は満塁ホームランと、見所がたっぷりです。

BS NHKで午後10時50分から放送される「ワースポ×MLB」をよく観ているのですが、たまたま食事中にチャンネルをいじっていたところ、BSテレ東の「マンデーMLB」という番組があることを初めて知り、なかなか面白い内容なのでハマりそうです。
解説者のおひとりが大谷選手のことを「翔平さん」と言っているので、大谷選手より年下の解説者?誰?と思っていたら川﨑宗則さんだったのね。なぜに宗リン?(もうおひとりの解説者は岩隈さんです)

大谷カメラも同時に流れているので画期的です。
その番組の後半、ベンチの大谷選手をもしっかり追っかけ
「ガムを食べる大谷」
「ベンチでもタイミングを取る大谷」
「ベンチでダッシュする大谷」
などと、テロップ入りでベンチの大谷選手の動きを追ってるカメラ映像に大爆笑。面白すぎ!
ガムを食べるて…。
次週が楽しみです。

まあ、ガンバでもそんな映像があったら面白そうですね。
中村選手にスポットを当てて
「ドリブルで切り込む仁郎」
「○○選手に詰め寄る仁郎」
「引かない仁郎」
テロップ入りで観てみたい…。

 

勝って嬉しい

いや~、勝利って本当にいいものですね~。

本日の対神戸戦、2-0で勝利しました!

試合開始直後は神戸にペースを握られる時間がありましたが、だんだんガンバペースに。
それにしても中村選手、素晴らしい!
ガンバの宝ですね~。
ゴールに向かってに突進する攻撃態勢もいいけど、ボールがない場面でもポジショニング上手いし、観ていてワクワクする選手ですね。
この選手が観たくてスタに通う系の選手だわ~♪

とホレボレしていたところ、福田選手がファウルを受けて倒れ…。
ま、まさか脳震盪!?
心臓バクバク、もう青ざめました。
どうやら肩の脱臼?ということで少しは安心しましたが、また脳震盪だともう選手生命に関わることなので、とりあえず脳震盪でなくてよかった…。
交代で下がるときの悔し涙の福ちゃんを見て私もウルウル。
怪我が早く治ることを心からお祈りしております。

ところでゴールかと思われた36分の場面、何のファウル?意味わからんままゴールが取り消されてガックリ。
またバーとポストに3回も阻まれ、なかなかゴールへの道は遠い状況でした。
点が入りそうなのに決まらないのがもどかしい。

後半に入っても、ひとり少ない神戸になかなか点を奪えず、手に汗がじんわり滲む状態で時間がどんどんなくなっていきます。
が、しかし!そんな中、80分過ぎにギョンウォン選手のヘッドが決まり先制!
やっと、やっと点が入ったわ~と、ヘナヘナ崩れ落ちる私…、安堵からの脱力…。
アディショナルタイムにはシウバ選手のゴールも決まり、無事に2-0の完封勝利。
途中交代で入った神戸のイニエスタ選手が絡む大ピンチもありましたが、一森神のセーブで救われたのも流れを引き寄せたプレーだと思います。(でもあのプレー、相手どフリーだったし、イニエスタ選手がドリブルしている場面がモーゼの十戒みたいに見えてしまった)
そのイニエスタ選手を途中交代で入った齊藤選手がきっちり抑え、完璧な仕事ぶりが頼もしかったです。

しかしまあ、33本のシュートっていつ以来?
しかも枠内17本って…。
勝ったからよかったものの課題はありますね。

それにしても水沼さんの解説、めっちゃわかりやすい。
どこがよくてどこが悪いのか、何が問題なのか、的確に解説してくれるので、なるほど~と唸ることが多いです。

その後ジェフの試合もオシムさんを思い出しながら観戦し、只今アーセナルの試合を観戦中です。(対戦相手のGK、ミスからとはいえかわいそう…)
…ってアーセナルの試合も解説水沼さん!?なんとお忙しい…。

また昨日のセルティックの試合は攻撃的で大変面白い内容でした。
バリエーションのある攻撃は観ていて楽しいです。

というわけで週末サッカー三昧、しかもガンバが勝利したので、いい週明けを迎えられるのは嬉しい限りです。




気がつけば春も過ぎ…

時間が経つのは速いもので、もう5月。
とっくに待ちわびていたJリーグも始まっておりますが、我らがガンバは…。
今シーズンから片野坂監督がチームを率いておりますが、なかなか結果に結び付かない状況が続いております。
しかしまだ始まったばかりで、チームがこれから成熟していくことを期待するだけです。

昨年は無の境地状態で試合をテレビ観戦しておりましたが、今年は自然に感情が伴って観戦している分楽しみではあります。
まあ西野監督時代も就任1年目はなかなか結果が出ないこともありましたし、もう少し長い目で見ていこうと。(降格だけはダメ、ゼッタイ!ですが)

そしてホームパナスタでの対札幌戦。
試合1時間前にYouTubeでスタジアムからライブ配信される番組「HEAT UP TIME」をいつも楽しみにしているのですが、今回のゲストはOB磯貝さん。
めっちゃ楽しみにしておりました。
現役時代の素晴らしいプレーも映像で流れ、ああ懐かしや~。
礒貝さんの言葉がビンビン刺さりますわ~。
そうそう、そうだよね~と納得しまくりました。

試合開始前にベンチで浅田飴を口にする監督にほっこりしたところでキックオフ。
立ちあがりバタバタしておりましたが徐々に落ち着き、そんな中で光るプレーも。
中村選手の積極的なプレーにどよめき、ワクワク♪
ペレイラ選手もちゃんとポストしてるしいい感じ。
ダワン選手は、この選手のプレーが観たくて試合に足運ぶ系の選手です。
読みもいいし、安心してみていられる選手ですね。
かつてマルセリーニョ選手のプレーが観たくてスタジアムに通ったときと同じ気持ちで観ています。
(まあ、マルセリーニョ選手のガンバでの活躍期間はあまりに短かったけど。あ、そーいやミーハー気分で元神戸のイルハンも観に行ったな…別の意味でこの選手のプレーが観たいと…)

全体的に試合としてはモヤるところもありましたが、目が離せない展開が続きます。
ところどころサポートが遅かったり、ここぞというときにボールロストしたり、パスがずれたり、また以前からずっと気になっていたスローインの精度といい、私の目が薄目になる瞬間がときどきありましたが、この試合に関しては、一森様様でしたね。
PK止めた瞬間はウルウルしました。
試合を観てウルウルしたのって何年ぶり?(違う意味でウルウルしたことはあったけど)
ガンバの試合で心揺さぶられたのってかなり久しぶりかも。

ときどき「そこ邪魔!」「流せや!」などというセリフも吐きつつ(誰に?)試合をガン見。

結局スコアレスドローに終わりましたしたが、一森神のおかげで失点せずにすんだ試合でした。
「また一森だ~!」と解説者が絶叫する度、以前ナビスコカップ(今はルヴァンカップですが)の準決勝2nd leg対Fマリ戦で同じようなセリフを聞いたな~と感慨にふけったり。
あのときの藤ヶ谷キーパーの活躍で一気にファンになり、ユニ即購入したことを思い出します。

でもあれだけナイスセーブしまくった一森神のためにも、得点してほしかったと悔やまれます。
まあ負けなくてよかったというか…。

夜のJリーグタイムの後に見た「サッカーの園」で監督の特集をしていたのですが、超攻撃的で強かった頃の西野ガンバの映像がバンバン流れ、誇らしいと同時に寂しさも感じました…。
そのゲスト出演者の松木さんがかつてセレッソの監督をしていたころの加地さんの話をしておられましたが、そういや今では考えられないガンバとセレッソの合同ファン感謝デーが長居であって、あまり盛り上がらなかった中で(そら盛り上がらんやろ…)、ひとりはりきっていた松木さんを思い出しましたわ。

その番組でオシムさんの映像も流れましたが、じーんとしましたね。
もしオシムさんが代表の監督を続けられていたら、どんな日本代表が見られたのかと思うと悲しい…。
Jの試合各地では黙とうが行われたそうですが、ガンバではどうだったのかな?
札幌のペトロヴィッチ監督が欧州時代オシムさんの下でコーチをしていたことがあったそうなので特に…。
オシムさんのご冥福をお祈りいたします。

そういや個人的にガンバの監督にペットロヴィッチさんになってほしいと思っていた時期があります。
その能力をガンバで見たいかな~と。
プラス杉浦通訳もついてくるし。(うふふ…あくまでもミーハー)

ところでガンバの新しいマスコットが発表されましたが、私的にとてもかわいいと思っております♪
とぼけた感じといい、愛らしい♪
グッズ欲しい~♪モフモフしたい~♪
タオルマフラー販売されないかな~。

タオルマフラーと言えば、ガンバのファンクラブで毎年いただくマフラーですが、このコロナ渦に我が家のトイレで大活躍しております。
毎年2枚いただくので、ひとつは保存用に置いてあるのですが、それでも大量にたまってきているので、雑巾にするのはもったいないと思っていたところ、コロナ渦でタオルは家族別々にと提言されており、あの細さはトイレのタオルバーに複数かけるのに全然邪魔にならず、重宝しております。
何度洗ってもくたびれないし、かなり長持ちしそう。
そしてトイレに入る度に気持ちが入りますしね。
常にガンバと共にあるという感じです。

そんなこんなですぐにやってくる週末の試合に、気合を入れて構えようと思っております。

 

 

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年6月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ