« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

ハリルさんの会見

前日本代表監督ハリルホジッチ氏の記者会見を見るため、16時からテレビの前でスタンバっておりました。

全て見終えた感想として…

選手とのコミュニケーション不足といった、曖昧な理由で突然解任されたハリルの無念さが伝わってくる内容でした。
なぜ解任に至ったのか、その経緯を知りたかったようですが、結局今もわからないようで…。

ハリル監督解任に関しては、時期が時期だけに「今!?」と疑問だらけだったので、当然監督もそう感じたことは容易に理解できます。

昨年12月の東アジア選手権で、韓国に4-1で負けた試合後の解任だったらまだわかりますが(それもギリギリすぎるけど)、なんとも不可解な時期の解任だったので、ハリルの口から何か聞けるかと思ったのですが、ちゃんとした理由もなく、突然の解任だったことしかわかりませんでした。

なんの相談もなく、問題があることを指摘されることもなく、毎週ちゃんと協会スタッフと会議していたそうですが、何を話し合っていたのか?
会話は少なかったそうですが。

だとしたら、協会とハリルとのほうがよっぽどコミュニケーション不足じゃ…。

なんだかなあ…。
もやもやする。

今後優秀な外国人監督を招聘できるのか心配です…。



それにしても丹羽選手、やっぱいい人だ…。

ええっ…と

ターンオーバー…ナシですか?

運動量ある湘南に対して…

イエロー累積のファビオ選手の変わりに出た菅沼選手だけ?

湘南は3人ほどターンオーバーしているようですが…

ダービー終わってみなさん疲労の上アウェイ遠征で…

ポジれる要素が…ひとつもない…。



もう、つらい。





大阪ダービー&京都戦

とてもいい天気!しかし熱い!

原稿を無事仕上げ、ようやく今年初の生観戦DAYです!
はしごです!

面白かったサッカー生観戦は、長居で開催された昨年の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯以来です。(昨年後半のガンバの試合は…忘却の彼方に)
総理大臣杯といえば、総理大臣杯で優勝し、Jリーグ入りしたものの怪我で引退した男性を企業のサッカークラブに勧誘するOLのお話を大昔に描いた覚えがあります…。
ちなみに生命保険会社が舞台だったので、チーム名がFCあんしん…。
滑ってる…。加地さん並に滑ってる!!
なんか…もう全然少女漫画とは言えない内容だったのに、そんなお話を掲載してくださった当時の編集さんに感謝…です…。


と、どうでもいい話は置いといて、サッカーの生観戦に飢えていた私は、ダービーの前にサンガとロアッソの試合を観に西京極へ参上いたしました。
久々に来た西京極。
のどか~。
数年前の関西サッカーリーグの入替戦以来の西京極。
うう…あの時を思い出すだけで北風に吹かれた寂しい気持ちが蘇り…。
応援していた選手の最後の姿が幻のように思い出されます。クスン。

 

思い出し涙を振り切り、サッカー大好き京都サポ・みおさんの案内で、グルメを堪能し、熊本ブースに立ち寄ったり、ゲストくまもんの体操を見たり、まったり過ごしました。

試合も白熱しており、ワーワー楽しく観戦いたしました。
残念ながら京都はロスタイムに逆転負けしてしまい、関西のチームを応援している私としては残念無念…。
内容は前半とてもよかったのに…。
もっと順位が上がるよう祈っております。

 
その後西京極からパナソニックスタジアム吹田へ移動。

互いに絶対に負けられない大阪ダービー。
チケットも完売し、日本で一番盛り上がるダービーの始まりです。

昨年ヴィッセル神戸戦で利用した際、くつろげるスペースと座席に満足し、年に1回くらいは利用しようと思っていたので今回はVシート60での観戦。
V601
↑気合が入りすぎていたため、室内の写真を取り損ねていたので、こちらは昨年の神戸戦のときの写真です。

こちらでの観戦は特に真夏の観戦にはいいかもしれません。
くつろぎスペースではクーラー効いているので、まったりできます。
ただし個人的感想ですが、熱く応援するというより、じっくり試合を観るといった方々が多いようなので、声出して思いっきり応援したいサポーターには少し物足りないかも?
ダービーに関しては神戸戦よりはかなり盛り上がっておりました。

Derby

バックスタンド側のコンコースをぶらっとして、Gマガジンをゲットし、ドキドキしながら座席へ。
ああ、独特の雰囲気のダービー。
燃えますね!

選手入場直前にどちらのゴール裏もコレオ出現。
「緊張する~!」と同行みおさんと話しながらキックオフの時間。

試合は前半早々ガンバは落ち着かない感じだったのですが、そんなときにアクシデントが!
DF三浦選手とGK東口選手が激突。
すごい勢いで当たったので、これはヤバい!と青ざめてしまいました。
三浦選手は倒れて動かない。
東口選手は打たれたシュートを本能のまま立ち上がりクリアしたのち再び倒れ…。
「激突した後いったん立ち上がったので東口選手は脳震盪ではないと思いますが、もしかしたら…」とみおさんがおっしゃったので、け、け、怪我!?
スタッフが東口選手を一生懸命諭してしたようなので、もう怪我で退場だな…と。
バツマークが出たので大ショックでした。
後でDAZN映像で試合を見返したとき、ヒガシの顔が腫れ上がっているのを見て大大ショックでした。
ヒガシがピッチを後にする場面を見てウルウル。
無念だったろうなぁ…。
でも…あの時どうして審判さん試合止めなかったんでしょうか。
セレッソの丸橋選手は止めるようアクションしていたのに。
即刻止めるべき場面だったように思います。
三浦選手は無事復活し、プレーを続けることに。

今までヒガシに助けられまくりだったこともあって、スミマセン、ヒガシが退場した時はもうガンバ終わった…と思ってしまいました。

急きょ出場することになったキーパー林選手。
でも前回のルヴァンカップでJ1初出場を果たしていたのがよかったのか、落ち着いていましたね。
観ている私達のほうが緊張していたYO!

アクシデント後、ガンバ選手の気合が一段と入ったようで、素晴らしいプレーが多々見られ、セレッソに押し込まれる時間もあったけど、なんとか抑えて面白い試合展開に。
火花飛び散る熱い戦い。
前半41分にウィジョ選手がPKを決めて1-0。
ガンバにもセレッソにもチャンスはあったけど、得点には至らず、そのまま試合終了。
ダービーを制し、ようやく最下位脱出です。



この試合で抜擢されたボランチ髙江選手の素晴らしかったことと言ったら。
危険察知能力が高く、読みがいい!
J3でも注目していたのですが、十分J1で通用する。
ものすごく楽しみな選手ですね!
J3の選手はみんな今いい経験積めているので、競争も激しく、誰がJ1に呼ばれてもきちんと役割こなしてくれそう。
昨年完全分離でJ3に出られなかった若手選手たちは、経験といった意味でつくづく勿体なかったなあと思います。
でもこれからなんぼでも爆発してほしいですね。


そしてキーパーの林選手。
J3でファインプレーを連発する試合もあったのですが、少し波があるかな、と思っていたのですが、ダービーでは突然出場することになったにも関わらず、とても落ち着いていてめっちゃよかったです。
絶対失点させないといった、周囲の選手のナイスプレーに助けられ、また林選手自身のビッグセーブもあり、完封!
燃えましたね~!

もう試合中は「みずきぃぃ~!!!」「れおぉぉぉ~!!!」と、みおさんと一緒に絶叫しまくってたな…。

もちろん若手選手が活躍できるのは、ピッチにいるすべての選手の頑張りがあるからこそ。
髙江選手は前目に遠藤選手がいたからこそ、落ち着いてプレーできたであろうし、ベテランの存在も頼もしいです。

しかし藤春選手は復帰したばかりとは思えないほどの、いつもながらのダントツ1番の走行距離。
倉田選手もあちこちに出没し、攻守に大活躍。
マテウス選手、長~い足でボールを奪取。
ジェソク選手には頭が下がります。
昨年ダービーで移籍初得点してホレたウィジョ選手。
センターバックの三浦・ファビオペアからは得点を許さないバリアが。
ヤット&藤本選手にボールが渡るだけで相手に怖さを与える存在感。
途中出場の米倉選手は相手にスキを与えず、安心して観ることができました。
また途中出場の中村選手、まだまだできるはず!期待しています。 

怪我で試合に出ていない選手も、早く復帰してほしい!
控えの選手も、持ち味を出して競争に勝ってほしい!

個人的に次回出るであろう菅沼選手にすごく期待しています。
みおさんから菅沼選手は京都でも山形でも、めちゃめちゃ頼りになる選手だったと聞いていたし、何よりガンバの降格が決まったジュビロの試合で涙している当時ジュビロの選手だった菅沼選手を観て、じーんときたので、とても印象に残っています。
J3でも格が違う働きぶりを観ていたので、素晴らしい活躍をしてくれるでしょう。


ところでセレッソの杉本選手、上手いですね。
ボール収まるし、背の高い技術のあるFWは脅威でした。 
 

それにしても若手選手がとても楽しみ!
そういった意味でクルピ監督の招聘はよかったと思います。
もちろん恒さまはじめ、元ガンバのコーチ陣の指導も、攻撃的サッカーを復活させ、叩き込むのに最適だと思います。

私が注目している松田選手、ガンバに入団することが決まっていたので、今年の高校サッカー選手権決勝で前橋育英の試合をテレビで観戦したのですが、安定したセンターバックといったイメージで、現ガンバの山口智コーチにプレースタイルが似ている気がしました。どこのポジションでも上手く順応していくでしょうから期待大です。


試合終了後、みおさんとウキウキしながら帰路へ。
「私の福ちゃんはどこに行ったの~?」
「陸くんって、名前からして惚れるわ~」
「わたしのケイトがね~」
「一美キュン~早くトップで観たい~」
とかミーハー丸出しの会話を楽しみながら、夜は更けていったのでした。
 
   

関係ない話ですが、今テレビでももクロのコンサートの話題で見たことのある陸スタが。
滋賀県東近江市の布引グリーンスタジアム。
最寄り駅は近江鉄道の無人駅、大学前駅。

数年前のJFLの試合(MIOびわこ滋賀VS佐川印刷京都の試合)観るため、そこからてくてくてくてくみおさんと一緒に歩いたな…と。

近江八幡観光もせず、ひたすらサッカー観戦のためだけの滋賀遠征。
その後ついでに滋賀県リーグを観るためビッグレイクへ。
移動距離が…もう旅行です。
4、5年くらい前は、あちこち出没していたな~。
フットワークが軽かったというより、注目している選手を観にウキウキ参上していました。
さすがミーハー。(むっつりミーハーです。ん?むっつりか!?)

最近JFLや関西リーグ等観戦していないので、こちらも久々に行きたいと思った私でありました。
 

週末久々にウキウキ気分だったので、こうしてだらだら楽しくたわごとを書きなぐる幸せを、ただただ満喫しております。



 

クソ野郎と美しき世界

観に行きたいな~と思っていたのですが、2週間の期間限定上映ということで、お仕事上時間的に無理だ…と思っていたところ、気合が入っていたせいか(週末には大阪ダービーもあるし)予想以上にサクサク進み、やっと最終日に間に合いました。
滑り込みセーフです。

映画は中学・高校の時に、同じ趣味の映画大好き友達と連れ立って、毎週新作やリバイバル等いろんな作品を観るほどハマっておりました。

最近はなかなか映画館に足を運ぶことがなく、つい1ヶ月前、新海誠展のついでにTOHOシネマズ梅田で限定上映していた「君の名は。」を観に映画館に行ったのがほぼ10年ぶりで…。
やっぱり映画は大画面で観るに限る!
ティーンエイジャーの頃に戻ったような気持ちで、これからはもっと映画を観に行こうと思った次第です。



その「クソ野郎と美しき世界」ですが、なかなか面白いと評判だったので楽しみにしておりました。

どこで鑑賞するか迷ったのですが、TOHOシネマズ西宮OSに決定。
しかしまあ満員じゃないですか!座席予約を前日夜にしておいてよかったわ~。

お話は4つのオムニバス形式の内容で、サブカル的なテイストで、それぞれの作品の色が違うのに、あまり違和感がなく、4つ目の作品ですべて繋がるといった、なかなか凝った内容で、とても楽しめました。

吾郎ちゃんのパートは、彼の持っている気品と、それを逆手に取った面白さ満開で、笑える作品でした。

慎吾君のパートは、笑える部分もあったり、ちょっと胸にくる部分もあったり、彼のアート作品も鑑賞できたりして、素の部分が見えた気がしました。

剛君のパートは、相手役の尾野真千子さんと共にさすが演技派といった内容で、表情一つ一つに深い意味を感じ、その度に感情が揺り動かされておりました。

最後はミュージカルで、華やか~で、エンターテインメントはこうでなくちゃと思わせてくれる素敵な作品でした。

共演俳優さん達も、個性的で素晴らしい方達ばかり。
じーんときたり笑ったり、感情が忙し~。
観ることが出来て本当によかったです。



次回の映画鑑賞は、「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN6」の予定です。

しかし…「君の名は。」の上映前の映画予告で、私が今まで生きて来た中で一番好きな映画「アイアン・ジャイアント」のジャイアントの姿を発見し、激ビックリ!
「レディ・プレイヤー1」という映画らしく、今日から上映されているではないですか!
その映画にはガンダムまで登場するという…。

これはもう…行くしかない?

やっとリーグ勝利

ああ~、長かった~

ようやくホームで勝利しました。

昨年7月大阪ダービー以来のホームの勝利。
あの日はウィジョのデビュー戦ゴールですごく盛り上がったし、プロジェクションマッピングもあったりして幸せな気持ちで帰宅したのに、その後長く続く地獄が待っていようとは…。

試合終了した瞬間、ヒガシが突っ伏している姿を見て、もう涙、涙でした。

今シーズン、クルピ監督になってからもなかなか勝てず、苦しい日々が続いていましたが、開幕戦でシュートいっぱい打ってる~と、試合には負けたけど前向きな気持ちになっておりました。

が、しかし!
なかなか勝てず、イライラする試合もあったりして、絶望的な気持ちにもなったりしました。
ガンバU23のJ3のほうを真剣に観る状態が続きました。
それでも内容は少しずつ良くなってきていたので、昨年後半から私自身ガンバの試合を冷めた気持ちで観戦していた状態だったのが、熱く、力入れて観るようになってきて、モチベーションも上がってきていたところでようやく勝利し、本当に嬉しいです。

長いトンネルから抜け出したので、エンジンかけていってほしいです。


しかし怪我人だらけで困った状態です。
(怪我人さえ出なければ優勝狙えるとおっしゃった方がいらっしゃいますが、このお方がまだガンバにいてるのが不思議)
その上ターンオーバーしないと、きつい日程こなせないのではないでしょうか。
若手にとってはチャンスかもしれません。
とにかく面白い試合が観たいです。

21日の大阪ダービー、やっと今シーズン初生観戦できそうなので楽しみにしております。


ところでハリル監督解任で西野さんが代表監督に就任されますが、ガンバ時代の西野監督映像がテレビで流れる度嬉しいやら寂しいやら…。
テレビでは「強かったころのガンバの監督」と紹介されているのを何回か聞いて、強かった…過去形かい…と思ったりして…。

でもファン感でエドはるみに扮した女装姿の西野サン映像が流れなくてよかったと、ほっとしております。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ