« J3 ガンバ大阪U-23 VS セレッソ大阪U-23 | トップページ | ACL終了 »

若林顕さんのピアノリサイタル

対柏戦でガンバが負けた試合の翌日。

西宮にある兵庫県立芸術文化センターで開催された、ピアニスト若林顕さんの情熱のピアノ・リサイタルに行って参りました。

よく聞く有名な曲目が沢山演奏されるので、とても楽しみにしておりました♪
ピアノを習っていた時代に練習した曲が何曲かあったりして、とても身近に感じられ、Jリーグはガンバ大阪の試合で激しく腐りつつあった心を十分に癒して頂きました。

 

ラフマニノフ 「鐘」、エレジー、前奏曲二短調op23-4
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」
ショパン 練習曲op10より第1番、第4番
      「別れの曲」「黒鍵」「革命」
      op25より「エオリアンハープ」
      「蝶々」「木枯らし」「大洋」
      ノクターン第2番
     幻想即興曲
リスト  愛の夢第3番
      ハンガリー狂詩曲第2番嬰は単調嬰ハ短調
アンコール  ラヴェル(だったと思うんですが…不確かでスミマセン)
     くるみ割り人形「金平糖の踊り」
                ムーンリバー

会場入り口に曲目の変更か順番か、何かが変更されているというお知らせがありましたが、すっかり見落としていたのでわかりませんでした。
一応アンコール以外はパンフレットに載っていた曲目を羅列いたしました。

もうα波出まくりで、とても心地よかったです。
激しい曲、おだやかな曲、バラエティ豊かなラインナップで、濃密な2時間でした。
力強い演奏、やわらかな演奏、いろいろな表現でピアノが奏でられ、とてもとてもよかったです!

アンコールの拍手が鳴りやまず、3回もアンコールに応えて演奏して頂き、もうもううっとり~♪
ラストのムーンリバーは夢見心地でした。

 

こちらのコンサートは、いわゆるプロムナード・コンサートと名付けられたコンサートの一環で、お散歩の途中にちょっと寄る感覚で気軽に楽しめるコンサートを目指し、芸術文化センターが一流アーティストの演奏を手軽な価格で鑑賞できるといった、とても良心的で素晴らしいコンセプトのもと開かれています。

いいですね~。
クラシックを誰でも手軽に楽しめるというそのコンセプトが素晴らしいですわ~。

というわけで、そのプロムナード・コンサート、次回私は5月のカメラータ・シュルツ・ウィーンの室内オーケストラコンサートに参上する予定です。


普段はMAN WITH A MISSIONやBON JOVI等ハードロック系の音を聴きまくっているので、たまにお耳の癒しを求めたくなる私です。

« J3 ガンバ大阪U-23 VS セレッソ大阪U-23 | トップページ | ACL終了 »

エンターテインメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« J3 ガンバ大阪U-23 VS セレッソ大阪U-23 | トップページ | ACL終了 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ