« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

五輪サッカー男女とも決勝進出!

素晴らしいですね~♪
これでもっとサッカーが盛り上がることでしょう!

バタバタしていて、男子の日本対モロッコ戦と、女子の日本対スウェーデン戦はちっちゃいワンセグテレビで見ていたので(聞いていたというほうが正しいかも…)じっくり生放送観戦してなかったのですが、ようやくゆっくり今日録画したのを観戦いたしました。

なでしこは惜しい場面もあったんですが、厳しい日程の中、頑張ってましたね!

男子はさすがにスペイン戦みたいなわけにはいきませんでしたが、永井選手のスピード&技ありゴールで終了間際に得点し、見事に勝ちましたよ!
永井選手…あんな難しいゴール決めるんだったらもっと…いえいえ、その先は言わないことにしておきます。
しかしあの速さは反則ですね(笑)
海外からオファーどんどん来ちゃうかも!
ここらで私的には宇佐美選手に奮起してもらいたいところです。
相手キーパーいい選手でしたね。
アブラバト選手(油鳩…とみんな脳内変換したはず)も、さすがオーバーエイジで来るだけあって、すごい強い選手でした。

どーでもいい話ですが、権田選手のたまにみせるハーフライン超えないゆる~いキックのことを、我が家では「ポチョンキック」と名付けております。
でもこちらも負けずにいいキーパーですね!
闘志むき出しタイプの選手。ヨシカツみたい♪

おっと!今なでしこが始まりました!
近賀さん♪
主審がエキゾチックな美人さんです。目の保養~♪
しかし五輪、女子サッカーはじめ、観客埋まらない競技もあるらしく、なんか興ざめ…。
日本でやったら満員御礼ですね。

日本1-0 スペイン(ロンドン五輪サッカー男子予選リーグ)

まさかスペインに勝つとは予想していませんでした。
テストマッチでも、今一つと言った感じだったので、世界一のスペインにボコられるかもしれないと思っていました。

とにかくこの試合の日本は運動量が凄かったです。
プレスに行くわ、走りまくるわ、DFも安定してるし、すごい安心して見ることができましたね。
オーバーエイジ枠の吉田選手は特に安定してますね。(吉田選手ってもうすぐ24歳で、余談ですが私の誕生日と近いんですが、23歳以下の代表選手と年齢的にほとんど変わらないんですけど、貫禄があるというか…オッサン?←失礼な…)
徳永選手といい、オーバーエイジで選ばれた選手は本当に活躍してましたね。

大津選手のあの難しいシュートもすごかった。
その前方にいた吉田選手に相手DFが群がってたことも、ラッキーでしたが、シュートがすごいです。ワンバウンドのあのシュート…凄すぎる…。

この1点を守りきってスペインに勝利したんですけど、スペインってあんなもんなんでしょうか?
トップチームと比べると見劣りするな~と。
ピークをもっと先にもってきてるかもしれないんですけど、ちょっと拍子抜けしました。
それよりも、あまり日本を研究してなかったのではなかろーかと。
オレら世界一やで、日本みたいなチーム、研究せんでも楽勝や、と思ってたかどうかは知りませんが…。
永井選手のあの速さは、Jリーグ観戦している人はみんな知ってるんですけど(対戦相手としてみれば恐怖)全然ついていけてなかったですね。
日本の選手の攻撃やプレスに戸惑っていた感じでしたから。


ハーフタイム&後半20分までは、バタバタしていて、テレビ観れなかったんですけど、その間日本に決定的シーンが数回あって、それが決まらなかったということもあったようですが…。(永井選手だけじゃないけど)
うう、決定力か…。

しかし岡ちゃんときのW杯といい、直前までなんだかな~といった状態に見えたのが、本番決めてくるところはすごいですね。
私的に関塚監督ごめんなさいしなきゃね…。
まあ直前のなでしこの勝利に、燃えた感もあったかもしれません。
なでしこが本当にいいスタートをきってくれてよかった。

とはいえまだ1勝です。
アトランタ五輪の時は2勝1分けでも決勝トーナメントに進めなかったんですから、気を引き締めて欲しいです。
選手も浮かれていることはないと思いますし。

どーでもいい話ですが、後半怪我で交代した大津選手が、終盤ベンチで神様お願いポーズ&勝ってクスンと泣いてるシーンをテレビに映されておりましたが…あなたって乙女??
そこになでしこのイケメン、近賀選手が現れて「泣くなよ」と大津選手の肩をたたく姿を妄想してしまいました。乙女とイケメン。絵になる??


それにしても、サッカーって面白いんですね…。
(最近面白さから遠ざかっているガンバサポ…)

日本 2-1 カナダ(ロンドン五輪サッカー女子 予選リーグ)

眠い…眠いです。
 

いよいよ始まったロンドン五輪サッカー。
先陣切ってなでしこ登場!
これはやはり生でテレビ観戦してしまいますよね。

選手の緊張ハンパないだろうなと思っていたましたが、やはり緊張からか、前半途中までは落ち着かないシーンが少しありました。
カナダがどんどんプレスかけてきてたし、強引に行ってましたからね。
ピッチに水撒いたらしく、ボールが伸びる伸びる…。
ちょっとやりにくい感じ?
審判もあまりファウル取らないし。

しかし、カナダが疲れてきたのか運動量が落ち、なでしこがボールを支配。
セカンドボールもキープできていたので、日本ペースに。

恒さまの冷静な解説に、ふむふむ、ああさすがだわ、わかりやすい~と感心しつつ、テレビにくぎ付けに。
そして流れるようなパス回しから、川澄選手が先制点をゲット!
上手いです。
DFとGKの隙間を突く、シュートは素晴らしかったです。
そして宮間選手のヘディング!
オウンゴールかと思っておりましたが、見事なヘディングでした。
2-0。いい流れで前半終了。

後半もいい調子。
大儀見選手の惜しいゴール、相手DFのナイスクリアだったようですが、あのボールゴールにインしてなかったか??と思ってるのは私だけ?ライン超えてたような気がするのですが…。

その直後、カナダに点を与えてしまい、2-1に。
その後バタバタする場面もありましたが、なでしこの方がすべて上回っておりましたね。
初戦勝利。
この先も楽しみです。

改めて澤さんすごいわ。
一番運動量があったんじゃないでしょうか。
危ない場面もきっちり封じてたし、さすがバロンドールです。

そんなこんなで今夜は男子がスペインと対戦します。
楽しみです。

あ、なでしこの6時間前にあったナビスコカップ決勝トーナメントのガンバの試合…。後半だけテレビで見たのですが…あまりにも今期を象徴するような内容で…残念です…。忘れたい…この試合のことは…。(この試合のことも、かな…)

ガンバ大阪ファン感謝デー2012&恒さま引退試合

行って来ましたGAMBA FREEKS MEETING2012!
もしや中止になるかもしれないと思ってたりしましたが、無事開催。
まあ、前から決まっていたことですからね。

前日のFマリ戦では久々に涙してしまった私…。
ガンバの試合で泣くのは4回目です。
昔のヴェルディ戦で、最初に手を出したラモスがカ・シュウゼンともめて、カだけがレッドくらって退場になった瞬間&優勝した時&昨年の最終節で西野さんの胴上げを見た時&今回です。
そんな前日の敗戦なんて忘却の彼方に追いやり、お仕事の手を止めて、万博記念公園東の広場へ参上。
着いたのはいつものごとくギリギリ。
司会は千石さん、内藤さん&たむらけんじ氏。

荒れる様子もなく、普通に始まるファン感。心配してたんですが、何事もなくてよかった。
それが当然なんですよね。ファン感とはそういうものですから。

今回は、前半は観覧エリア&ブースで選手とふれあうイベントと選手やサポが入り混じってのウォーターバトル大会というふたつの催し物。
ステージでは流しそうめんやったり、スイカ割りやったり(ヤットの指示で見事にスイカを真っ二つに割った女性に、一番の声援があったような気が…)、選手と一緒に写真を取るブースがあったり。
そこでサポと満面の笑みで写真におさまるレアンドロ選手を見て、心で手を合わせておりました。(どうか救世主に…)
そしてファン感時間内、猫ひろしを模して、沼田選手が万博周辺を走るという、企画が並行して行われておりました。(本当に走ってたのか?)
丹羽選手が配るスイカにみなさん群がっておりましたね。
子供たちがはしゃいでなごやかな雰囲気。
そういうの見てるとほっとしますね。

そして後半はステージで選手企画プログラム。
昨年暮れのような感じだろうな、と思っていましたが、クオリティは昨年のほうがずいぶん高かったです。
今ファン感に気合い入れるようなチーム状態じゃないですもんね…。
ここでクオリティが高かったりしたら、何やってんねんとツッコみたくなりますもん…。
それにお祭り男の木村選手と中澤選手がいないし。(VTR出演はありましたが)
武井選手&加地さんが頑張っておりました。
というか、加地さん…いつものごとくすべりすぎです。それがかえって面白かったりするんですけど。狙ってすべってるんでしょうね。

まずステージでは最初に「料理の鉄人対決」。
佐藤&倉田&寺田選手が料理を作るのですが、ものすごい料理でした…。本当に料理したことないんだろうな…。

次に「お笑いステージ」。
西野&稲森選手のアンガールズ。ウケてました。
横谷&金正也&内田選手の我が家。
肝心なところで噛んでるとツッコミが入ってました。

次はなんと、「加地ステージ」
加地さんの独壇場!?加地ショー!?
と思いきや、アシスタントの武井選手の方がウケてました。
イロモネアならぬカジモネア。
ものまねやモノボケで、うすら笑いが起こっておりました。
加地さんのすべりっぷりは、明らかに狙いでやっていますね。

次に「古代ローマステージ」
阿部選手が出てきてなにが始まるのかと思っていたら、古代ローマ人の扮装をした明神選手が!
出てきた瞬間大爆笑でした。
濃い顔だからという理由で、テルマエ・ロマエのものまねでした。

そして「演技力ステージ」
二川選手の新婚生活を想像して、片桐はいり役の今野選手と二川選手のミニドラマをやる予定だったらしいですが、断固二川選手が拒否したらしく、変わりに遠藤選手が今野選手と演じておりました。
フタさん本気で怒るんですもん~と、つぶやいていた今野選手が面白かったです。
その光景が目に浮かぶ…。
そしてガンバTVでも披露されなかった、今野選手の生「集まれ~」が聞けて満足。

そしてまたしても「加地ステージ」
ショートコント徹子の部屋をやっておりましたが、加地さんのグダグダさに、ひそやかに笑いが起きておりました。
あとサイレントもやってましたが、微妙…?

そして「サッカーステージ」
マンUのナニ選手の真似をした(らしい)大森選手や、インテルのミリート選手の真似をした(らしい)佐々木選手、ブラジル代表のネイマールの真似をしたパウリーニョ選手が出てきておりました…。

次に「歌ステージ」
加地さんと丹羽選手のEXILE…。
加地さんの変な踊りで微妙な雰囲気に。クスクスといったような…。
私的にはめちゃ面白かったんですけどね。
そして久保田利伸の歌をかなりの歌唱力で歌う田尻選手。
ジャッキー・チェンと化した星原選手の歌はウケ狙いでしょう。
そして怪我で欠場の木村選手がVTRでご自身のおじいさんと一緒に「右肘左肘交互に見て~」を。
相変わらずウケてました。

またしても「加地ステージ」をはさんで次に「そっくりさんステージ」
志茂田景樹のエドゥワルド選手とデビッド伊東の松波監督。(顔が似てるだけという…)

そして最後に「アニメステージ」
アルプスの少女ハイジ役に二川選手、ペーターはイ・スンヨル選手、やぎが藤春選手と、なにげに微妙な雰囲気でした。
なんかフタがネタ扱いになってるな…。
むりやりハイジに一言!とふられて「元気ですか~」と答えてしまうフタに爆笑。

ファン感の締めに全員でまたしても「サライ」を歌い、今野選手の真面目な挨拶でファン感終了。
沼田選手のマラソンは終了に間に合わなかったようで…やっとステージに沼田選手が着いた時は、ファン感終了後。そのとき私はすでにファン感会場後にしてましたよ…。声だけ聞こえてた…。

あ、中澤選手もVTR出演しておりましたが…たむけんが「この会場の空気ソータに見せてやりたい」と言っておりました…。

ファン感で少しでも選手もサポもリフレッシュできたのなら、それはよいことではないでしょうか?
いい息抜きになって、後半戦盛り返してくれたら言うことはないです。

そして月曜日。
ガンバでも活躍した宮本恒靖選手の引退試合。
どうしても時間の都合がつかなくて、断念したのですが、テレビでなんとか見ました。
ああ、もうガンバ黄金時代を支えた選手や日本代表選手、中田ヒデまでいて、豪華なメンバー。
個人的に森岡FC大阪監督のピッチ上でのプレーを生で超見たかったんですが…。残念。
ああ、シジやサトシやハッシー…ガンバ側の選手、生で見たい選手ばかりでした。
引退試合とはいえ面白い試合でした。
とても和やかでよかったです。
この先日本サッカー界を支える大きな存在になって頂きたい。
それ以上に世界的に活躍する存在に。FIFAの理事とか。
ツネさんなら可能かもしれませんよ!
ツネさんの最後の挨拶の言葉
「選手はいいパフォーマンスを見せてお客さんに感動を与えなきゃいけないと思います。みなさんはみなさんの立場でサッカーの素晴らしさを伝えてください」
その言葉に胸が熱くなり、そして痛くなりました。
応援しているガンバの試合を見るのがつらい状態なので…。
もうウルウルしてしまいましたよ…。

それでもガンバはこのままで終わるはずがないと信じているので、ずっとチームを応援していきます。

しかしツネさんの息子さん、大きくなってましたね~。もうめっちゃかわいい!

そして…個人的に心の底からひとこと…上野山さん、戻って来て~~~!!!どうかお願いいたします!!!(涙)

FC東京 3-2 ガンバ大阪(away)

もう、蟻地獄状態ですね…。
厳しい中から抜け出せない。
早々の失点もあって、立て続けに点を取られ、追いつこうとするも、勝利には程遠い状況。
ここのところガンバはこんな感じです。
せめて勝ち点1でも積み上げればマシなんですが…。
リーグ前半戦終わって勝ち点13…。
この勝ち点で残留は、データ的に奇跡に近いとか…。

サポとしては、もうほぼ覚悟決めてはいますが、フロントが腹を括ったって報道を見て、フロントとしてはそれは絶対言っちゃいけないと思うんですが…。
腹括る前に、することはなんぼでもあるんちゃうかと思います。

覚悟は決めてるとは言っても、けっして諦めたわけではないので、最後の最後まで応援していきます。

千葉対京都戦をチラ見して、山口選手の安定感に悲しくなったり…。どうしてガンバは移籍させてしまったのでしょうか。今更だけど、常にそう思ってしまいます。

こんなチーム状態のときに、来週15日、ファン感謝デーがあります。
もう延期なり、中止にすりゃいいのにとも思ったんですが、ファンを目の前にして、選手がもっと奮起してくれたり、肩の荷をおろして気分転換にでもなれば、それはそれでいいのではないかとも思います。
なんとか時間作って参上するつもりです。
前日のホームで迎えるFマリノス戦の勝利は必至だと思いますが…。

ガンバ大阪 2-6 柏レイソル(home)

今まで、今シーズン数多く絶望的な気持ちにもなりましたが、なんとかガンバのいい所を探し出して、ポジティブになる努力をしていました。
名古屋戦では、上向きになっていた気がしていたので。

いや、もう、この試合に関しては、目を覆いたくなるシーンが次々と襲ってきて、選手もそうでしょうが、私も耐えきれませんでした。

前半20分までに、緩い守備をつかれて続けざまに3失点。
このとき半分心は折れてしまいましたが、前半終了までに珍しいヤットのヘッドや、佐藤選手のこぼれ球詰めシュートが決まって3-2まで追い上げて前半終了。

後半からはなんとか同点に!!と思っていたのですが、やはり柏のネルシーニョ監督はしっかり修正してきましたね。

もう後半のガンバはズタボロで、半目で試合を観る状態。
もう虐殺ショーでした。
6失点って…かなり久しぶりのような気が…。

とにかくヤットはボランチでこそ生きる選手なので、なぜトップ下で先発だったんでしょうか?
ヤットのトップ下ってガンバではあまり機能してないはずですが。

ああ、もう、思い出すだけで暗くなってしまいます。
このごろ暗い週末ばっか…。
間違いなくこのままでは降格ですね。
レアンドロやってきたけど、レアンドロ入れたから劇的に変わるってもんでもなさそうだし、もう絶望通り越して覚悟決めました。
というか、もう半分覚悟を決めていたりもしてましたが…。

弱かったころのガンバに戻っただけだと思えばいいんでしょうが…。
もしJ2に落ちても、すぐにJ1に戻ってこれそうもないチーム状態です。

セホーン・ロペスの負の遺産を引き継いだ松波監督は、厳しい状況の中、同情せざるをえませんが…。
チームの状態が心配です。
もう内部崩壊しそうで…。

しかしチームが壊れるのってあっという間なんですね。
優勝争いするまでのチームに作り上げることには時間を要することなのに。

どんなことがあってもガンバを応援すると決めている私でさえ、もう心折れてます。
フロントの西野さん退任騒動や、選手放出の仕方を見て、このクラブはあんなやりかたで監督や選手を扱うんだと、もう世間に知られてしまったので、クラブを去る選手が出てくるでしょうね。
ウチへくることを考える選手もいるでしょうね。

私利私欲のためにチームを崩壊させてしまった人がいるならば、即刻ガンバから去ってほしいです。
この先もガンバに籍を置くことには、納得がいきません。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ