ボスの娘

我がガンバから代表に東口選手と三浦選手が選ばれております。
東口選手が1番つけてゴールマウスを守る姿、そしてピッチで実力を発揮する三浦選手の姿を楽しみにしています!

堂安選手も楽しみ~♪
9月の試合では中島選手も非常に素晴らしく、チーム全体が躍動しておりました。
明日の試合、待ち遠しいです。


ところで今日発売されますコミックスのお知らせを。
レイ・マイケルズさん原作「ボスの娘」中山紗良です。

Bosscolorjp

こちらは5年前に雑誌掲載して頂いた作品です。
あとがきを描き下ろしいたしました。

舞台はオークションハウス。 

病気の父親の代わりにオークションハウスを取り仕切ることになったエイミーが奮闘し、父親の社長秘書のディランに反発しながらも、だんだん信頼関係が生まれていき、そして恋も?…といったストーリーです。
この作品を描くにあたっていろいろオークションについて調べましたが、奥が深くて勉強になりました。

またアンティークについてもいろいろ調査し、滋賀県長浜市の黒壁スクエアにあるアンティークギャラリーを拝見し、とても素敵な数々のアンティーク家具で目の保養をし、癒されたことを覚えております。

長浜は街並みがレトロでハイカラなので、観光客も多く、とても賑わっておりました。
また行きたいな~。

ハーレクイン作品を描くにあたり、いろいろ背景を調べたり取材していく中で学ぶことが多いです。
それも作品を描くモチベーションに繋がっております。


ところで表紙絵ですが、この頃フランス版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」を鑑賞し、どハマリした影響でヒーローとヒロインの服を青と赤にしてみました。
あまりに素晴らしい舞台で、ハーレクイン誌に鑑賞記まで描かせて頂きました。
フランス語のミュージカルは初めてだったのですが、ハマったおかげで翌年「ノートルダム・ド・パリ」も鑑賞し、どちらもCDをゲットし、当時お仕事部屋のミニコンポでガンガンかけて作業に没頭していた記憶があります。

青と赤といえば…ガンバとレッズ?いやアントラーズもコンサドーレもあるか…わかりやすい色だし。

ぜひ手にとって読んで頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

楽しい週末

アウェイの大阪ダービーに1-0で勝ち、ガンバは5連勝です。
またU-23も勝利し、気持ちのいい週末を迎えることになりました。


ダービーは予定が入っていたため参戦できなかったのですが、ファン・ウィジョ選手がイエロー累積で出場停止の中アデミウソン選手が久々のスタメンで絶好調、彼のループで先制し勝利を掴みました。
倉田選手のアシストもすごかったし。
また東口選手のスーパーセーブをはじめ、全てにおいて選手の連携が高まってきていて、チームの復活を確信いたしました。

ガンバのチームってファン感終了後は結構上向きになることがよくあるのですが、ここまで顕著に表れると、なんだか笑えてきてしまいます。

3冠取った時もファン感前までは下位に低迷していたのですが、ファン感後は勝利をどんどん積み重ねて優勝したんですもの。

なんだろう…ファン感のプレッシャーから解放されるのでしょうか。

新人選手や新加入選手の度胸試し的な演目(?)もあるんですが…。
というより息抜きやモチベが上がるきっかけになるんでしょうかね。フフ♪ 

 
それにしても大阪ダービーは盛り上がりますね~。
大阪のプライドをかけた試合。
火花バチバチ。

大昔、ガンバとセレッソの合同ファン感謝デーなるものが長居でありまして、盛り下がっていたことを思い出します。
なんでそんな企画したんやろ…。
当時セレッソ監督だった松木サンだけが盛り上がっていたような…。


とにかく週末あまりに気持ちよかったので、うめだ阪急の北海道物産展に気合入れて乗り込み、気合入れて列に並び、気合入れて買い漁るといったモチベーションに繋がることになりました。
(負けていたら部屋の片隅で体育座りして、ため息ばかりついていたと思います…) 

フリーマガジンone

この前、パナスタで試合観戦している私が「今ちゃ~ん!!頑張れ~!!」と絶叫していたところ、米倉選手が振り返って微笑んでくれたという摩訶不思議な夢を見ました。(夢オチ)
今野選手の復帰について、我が家で熱弁を振るっていたせいだと思います。

ガンバ関係の夢を見るのは2回目なのですが、もう10年以上前に見た1度目の夢は、私が女性初のJリーガーになり、ガンバに入団し、サポやチームメイトに認めてもらうため必死こいている夢だったのですが、ボールがなぜか大きな葉っぱだったという、変な夢でした。
葉っぱをオーバーヘッドキックしているところで目が覚めました。
ちなみに私、サッカー経験ゼロです。



ところで関西のサッカーについて詳しく取り上げている、フリーマガジンにoneという冊子があるのですが、創刊からずっと読ませて頂いております。

最新版vol.10が発行されているのですが、いつも深い取材に感銘を受けながら、とても楽しんでおります。 

ガンバサポの私は、元ガンバ選手で現強化アカデミー部スカウトの中澤聡太氏の記事を興味深く読んだり、JFLのMIOびわこ滋賀の高木和道選手の記事に注目。
他にも「そうなんだ~」「なるほど」といった記事ばかりで、私的にとても勉強になります。

関西サッカーのことをここまで深く掘り下げて記事にしているのはoneくらいでしょうか。
J1から学生リーグ、その他もろもろ関西サッカーを応援している私としてはありがたい存在です。
配布場所はサッカーショップKAMOを筆頭にいろんなお店に置いてあるんですが、一度手にしてみてはいかがでしょうか。

WEBでも読めますし、いつもワクワクしながら更新を楽しみにしております。

http://www.one-kansai.info/


週末は大阪ダービー。
盛り上がることでしょう。
台風よ、逸れてくれ~!!

プレイボーイに首ったけ

ガンバ4連勝でハイテンション状態の私です♪
でもまだまだ気を緩めてはいけません。
毎試合トーナメント気分でドキドキしながら観戦するのは落ち着かない…。
はやく安心したいです…。

また台風がやってきますが、用心なさってください。
もう不安しかないけど、準備して耐えるしかないですね…。



そんなときにお知らせなのですが、ただ今発売中の別冊ハーレクイン87号に新作を載せて頂いております。
ハイディ・ベッツさん原作「プレイボーイに首ったけ」中山紗良 です。
 
Playcolourjp

舞台がクリスマスで季節的にはまだ先なのですが、デコレーション等描いていて楽しかったです。
こちらは前作「キスより先は契約違反」に登場したカップルも登場します。
お茶目なプレイボーイのトレバーと、真面目なキャリアウーマン、ヘイリーの心が通い合っていく様子が上手く表現できていたら…と思っております。

ぜひ読んで頂けるとうれしいです!
よろしくお願いいたします。

2連勝で上向きに

まず台風21号、北海道地震を始め、日本で発生した多くの災害で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

日本各地で災害が発生し、とても不安です。

台風21号は本当に恐怖でした。
風圧で窓が割れる!というくらい風が凄くて、ガラスの飛び散り防止のため思わずカーテン全部閉めて、台風が通過するのを耐えておりました。
地上に舞い上がる看板の音が恐怖感を煽り…。

午後2時頃停電し、復旧したのは翌日の午後1時35分。
24時間も停電していたので、冷蔵庫の中身はパーです。
そしてマンションなので、当然断水です。
阪神大震災の教訓から、万が一停電した時のために、台風来る前にお風呂に水をためておこうと思っていたのですが、暴風雨の恐怖にパニック状態で、すっかり忘れておりました…。
震災のときは、お風呂場の蓋が栓に激突して残り湯がなくなっていたのには涙…。
1ヶ月近い断水で苦労したのに、喉元過ぎれば…ああ、油断しておりました。反省。

停電ゆえにスマホで情報取っていたのですが、夜には充電がゼロに。
そこで避難袋に入れていたラジオを取り出したのですが、電池漏れで使えず…。
相方が帰宅した11時過ぎまで何の情報も得られなかったのですが、ちょうどパソコン使わない作業時期だったので、懐中電灯の明かりの下でお仕事しておりました。
プロットやネームは常に無音状態で机に向かっているので、より集中できたかも。

防災の日に防災袋の中身を毎年確認しなければと改めて思いました。
 

 
そんなこんなでわがガンバですが、川崎と神戸に勝ち、久しぶりに2連勝してほっとしています。
アウェイの勝利はほぼ1年ぶりという…。
ルヴァンの負け試合にガックリしていたのですが、今年はもうそれどころじゃない!ということで、リーグの連勝を願っておりました。

宮本監督が就任したての時期は、超過密日程で試合をこなすのに精一杯だったと思いますが、ここにきてちょっと日程に余裕ができたこともあり、試行錯誤とはいえ、だんだん上向きになってきていると思います。
とはいえ少なくともリーグ中断前に監督交代していれば…と、つくづく思います。
でも下位争いが団子状態になってきているので、もう1戦1戦トーナメントだと思いながら、なんとしてでも残留してほしいです。
いやもう、絶対残留です!!!
もうJ2落ちしたくない!!

そんな中、新しく加入した小野瀬選手と渡邉選手に期待しております!
小野瀬選手、プレースタイル好みだわ~。
走りまくってるし、ドリブルで駆け上がるし、気合入っている!って感じで目が離せません。

U-23も勝利し、トップも2連勝で勢いに乗っているところへファン感があり、私は用事で行けなかったのですが、今年も盛り上がっていたようで、その様子は後日発売されるであろう、ファン感収録したブルーレイを心待ちにしております。(毎年ゲットして楽しんでおります)
ちらちらYouTubeで上がっている映像を拝見しておりますが…福ちゃんと陸君のコウメ太夫が…。
そしてコウメ太夫のかつらをかぶり、お開きの挨拶をする三浦選手。
急遽恒さまが挨拶をすることになり、そのかつらを渡そうとする三浦選手と、それをダンディーに断る恒さまに大爆笑してしまった。
はやくブルーレイ観たい~♪

これで選手も息抜きできて、連勝街道進んでくれたら言うことなしです。

ガンバ大阪2-1FC東京

宮本監督体制になってから初勝利です!

前節名古屋に衝撃的な負け方をして、かなりショックを受けたのですが、この試合は選手がなんとか踏ん張って勝利をもぎ取りました。
勝った瞬間ウルウルしてしまいました。

私自身バタバタ状態なのでDAZN観戦が関の山で、現地に足を運べておりませんが、ハーゲンダッツやDA PUMPや、何よりガンバの勝利を生で観たかったです。

まあ、体制変わるまでなかなかスタジアムに向かう気持ちになれなかったことも事実で、試合観戦で半日潰すくらいなら、机に向かって1コマでも多く仕上げるほうがよほど有意義だと思うようになっておりました。(恒さま初陣は時間的に厳しかったので参上できなかった…残念)
体制変わらないままなら、もう今年は今後の試合もファン感も、無料招待試合も、時間があっても行かないとさえ思うようになったていたのですが、体制も変わったしガンバのレジェンドを応援しないわけにはいきません。
バタバタ状態が落ち着いて、9月になったらパナスタに参戦します!

まずファビオ選手の落ち着いたシュートで先制し、東口選手の数々のビッグセーブに助けられましたが、やはり後半体力が落ちて追いつかれてしまったのは残念でした。
つくづく中断期間を無駄に過ごしてしまったことが悔しい。
ガックリし、ついついテレビをパンパシ水泳に替えてしまったのですが、思い直してチャンネル替えるとアディショナルタイム終わりかけにアデミウソン選手が得点した直後で、決定的瞬間を見逃すという罰が下りました…。
ヘタレな自分が悲しい…。

とにかくこの試合は待望の一美選手がJ1初先発で、も~楽しみで楽しみで。
J3でも期待しまくりだったので、やってくれると思っておりましたが、本当にやってくれました!
ボールは収まるし、視野広いし、J3でできていたことをきっちり再現し、頼もしい限りです。
「はああ~、一美キュン~♪いいわ~♪」そう何度も呟きましたわ。

そしてJ3でもいぶし銀的な活躍で宮本監督の信頼の厚い高選手、宮本体制になってから、J1でボランチ任されておりますが、もうレギュラー定着ですね。
運動量豊富で、危険察知能力高いし、つくづくJ3が存在する意義があったな~と思いました。
今J3にいる選手たちは、宮本監督の教えを直に受けているので、戦術等馴染むのも早いだろうから、誰が出てきても活躍できるスタンスにあると思うので、どんどん上がってきてほしいです。


またこの試合では三浦選手がCBから右SBに入ったのですが、いいクロス上げるし、SBのほうが持ち味出せるかも、と思わせてくれるような素晴らしい内容でした。
CBでもSBでもフレキシブルに対応できる選手になりそうで、心強いです。


でもこの後の試合が大切です。
ここからなんとか立て直して、今年はもう絶対J1残留してくれることを祈るだけです。
調子が上がってそれ以上の結果が出たら、来年にも繋がるし、強いガンバを取り戻してくれるきっかけにもなるでしょう。
ところで藤春選手、怪我って…。
早く良くなってほしいです…。



しかしハーフタイムにDA PUMP映像当然ですがDAZNで流れなかったな~。
音だけが聞こえていたという…。
思わずiTunesで「USA」をポチってしまいましたわ♪

トップの監督に宮本恒靖氏

という記事を見て、たった今びっくりしているところです。

ワールドカップが終わって抜け殻になっていたのですが、日本代表の戦いっぷりに感銘を受け、余韻に浸っていた日々から現実に戻った時、重い気持ちにならざるをえないガンバの状況に不安しかありませんでした。

中断明けの広島戦、清水戦に負け、どうなることかと暗澹たる思いに沈んでいたのですが、飛び込んできたニュースを手放しで喜ぶことはできません。

もちろん、この現状を打破するために監督交代はありえるとは思うのですが、昨年からずっと危惧していた編成の問題が何ひとつ解決できていない、むしろもっと悪くなっている状況で、決断せざるをえなかったということに、クルピ監督には申し訳ない気持ちです。

采配や選手起用に「?」と思うことはありましたが、長谷川前監督からも言われていた、補強の問題がクルピさんのときもなんの改善もされておらず、この2カ月の中断期間で補強ゼロ、せっかく獲った選手をあっさり出す、キャンプもない、こんな状態でどうやって立て直すの?
連鎖的にすべてが悪いほうへ転がっているように思えてなりません。
また監督だけの責任にするつもり?

2012年の降格よりもっとひどい状況になるとは思いもしなかった。
あれが底だと思っていたのに。

でもこんな状況でトップの監督を引き受けてくれた恒様を心から応援したいと思います。




一刻も早く強化部長がお辞めになることを強く求めます。

 

 

2018W杯ロシア大会 グループステージ2戦を終えて

大阪の北摂地方を震源とする地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

ガンバ大阪のホームタウンで大きな地震が発生し、よく知る光景に被害が及んでいる映像を見て、とても心が痛いです。

我が家近辺は震度5弱で、食器が多少落下して壊れ、上の方に置いていたものが散乱する程度でしたが、ガラスの破片の掃除は、この時期裸足で過ごすので入念に掃除しました。
初めてマイコンメーターを自力復活する経験をしました。(結構緊張した…)

 
W杯ですが、やはり面白い試合が多いですね。
ドイツ対スウェーデンは凄まじい試合でした。
ドイツは初戦のメキシコに敗れ、2試合目のスウェーデンには絶対勝たないといけない状況。
1-1で引き分けのまま後半アディショナルタイム突入。
ドイツは引き分けだとグループステージ突破がかなり厳しくなる中、終了間際に逆転し、スウェーデンは惜しくも勝ち点を逃すことに。
しかしスウェーデンですが、もうボールキープしたらいいのにと思っていたんですが、簡単に放り込んで相手ボールになり、そこから逆転劇につながるなんて…。
こんな光景、どこかで観たような…。
ドーハの悲劇が蘇る私でした…。



ところで我が日本ですが、グループステージ初戦は対コロンビア戦でした。
試合前はよくて引き分けだと思ってました…。スミマセン。

前半開始早々にPKを決め、相手が10人になったことで、かなり日本に有利な状況に。
1人少ないせいか、コロンビアの寄せが甘かったりして混乱しているようでした。
そのせいで柴崎選手が自由にボールを持てる状況で、チャンスをよく作っていたと思います。
 
コロンビアはスカウティングしてこなかったかのでしょうか?
まるで日本には楽に勝てると思っていたかのような…。
とにかく大迫選手半端ない。
原口選手の運動量すごすぎ。
選手全員しっかり集中できていたことが勝利に繋がったと思います。
後は細かいミスさえなければ…。
 
翌日毎日放送の私のお気に入りの「戦え!スポーツ内閣」という番組で、久々にオシム氏のインタビューを観ましたが(取材はテストマッチのスイス戦の直後だったようですが)とても素晴らしいインタビューで、オシム氏の言葉に感銘を受けました。
その中でセネガルが一番危険とおっしゃってたので、2戦目のセネガル戦を緊張しながらテレビの前で鎮座。

 
試合は2-2の引き分けでしたが、2度も追いつく粘り強さを見せて、勝ち点1をもぎ取りました。
初戦より確実に出来はよく、調子が上がってきた感じです。
西野監督は選手を盛り上げるのが上手いからでしょうね。
今とてもいい流れが来ている感じ♪

かつてのガンバ時代を思い出すような、取られたら取り返す試合運び。
交代もドンピシャ。
西野監督の本領発揮といったところでしょうか。
W杯でこんなに素晴らしい代表を観られて幸せです。
つくづくテストマッチのパラグアイ戦で勝利してよかった~と…。
 
選手はみんな自分の役割をきっちりこなしていて、頼もしい限りですが、私的にこの2試合のMVPは柴崎選手です。
ポジションいいし、攻撃の起点になって数々のいいパスを出しているし、もはや貫禄すら感じさせる活躍。
日本の7番に今もっともふさわしいゲームメーカーですね。
試合を観ながら「岳ちゃん、ええわ~」を何度口にしたか。
ポーランド戦も楽しみです。

それにしても本田選手、持ってるわ~。
さすがです。


やはりW杯は盛り上がりますね。
グループステージ最終戦に勝利して、1位で決勝トーナメント進出を決めてほしいです。
ガンバサポの私は、W杯の試合でピッチに立つ東口選手の姿が観たいな~。

ロシアワールドカップ開幕!

今回のW杯はイタリアが出場しないということで、大昔からイタリア代表を応援していた私としては、モチベがダダ下がり状態だったのですが、やはり開幕するとウキウキしてしまいます。 


ロシア対サウジアラビアの開幕戦は、開催国の会場の雰囲気に流されたのが、サウジが5失点という…。
でもやはりW杯の真剣勝負は面白すぎる!

エジプト対ウルグアイは、なかなか点が入らず、だんだんイライラしてきたスアレス選手が、エジプトの選手に咬みついたりしないかハラハラして観てましたが、終了間際にウルグアイが得点し1-0で勝利。
無事に終わってよかったです。

ウルグアイのカヴァーニ選手、南アフリカ大会から目をつけていたのですが(フフフ…)、この試合ではなんかイマイチだったような。
でも段々調子を上げていくことでしょう。


モロッコとイランは、結構面白い試合で、オウンゴールでイランが勝利し、アジア勢の勝利一番乗りに。


そしてそしてスペイン対ポルトガル。
スター選手だらけの試合は白熱しまくり、取られたら取り返す試合で3-3のドロー。
非常に面白かったです!


さっきまで観戦していたフランス対オーストラリアは、VARやらゴールラインテクノロジーやら最新技術で納得の判定に。
2-1でフランスの勝利。
オーストラリアも善戦してましたけどね。
それにしてもケーヒル選手っていまだに代表なんだ…すごい。


そしてただ今試合中のアルゼンチン対アイスランドは白熱中で前半1-1の同点。
アイスランドのクラップがなんだか嬉しい。試合中でもクラップやるんですね。

ガンバは勝利した試合でクラップ(ガンバクラップと呼ばれております)するんですが、本家アイスランドから拝借した応援スタイルです。

 
 
さて我が日本代表ですが、なんとかテストマッチで勝利し、ほっとひと安心。
でも本番はこんなもんじゃない。
とにかく必死さを見せて試合してほしいです。

まあ、今回は監督解任騒ぎや、期待していた若手が選ばれなかったり、私的に少しモチベが下がっている状態でしたが、なんとか気合を入れようと、吉田麻也選手の最新書籍「レジリエンスー負けない力」を読んで、俄然応援モードになってきたところです。


ところで「ちちんぷいぷい」というテレビ番組の中で、ロシアW杯取材しているアナウンサーが、マトリョーシカ販売店で、本田選手のマトリョーシカを発見したシーンに笑ってしまった。

本田選手の中に香川選手、香川選手の中に岡崎選手、岡崎選手の中に遠藤選手。遠藤選手の中に内田選手といったマトリョーシカ。

「いつの頃の代表やねん」と思わずツッコミを入れてしまいました。

ちなみにメッシ選手やロナウド選手のマトリョーシカもあったんですが、中身が気になる…。

天皇杯敗退

ガンバが天皇杯初戦(天皇杯としてはJ1・J2が登場する2回戦ですが)で敗退するなんて、いつ以来でしょうか?
結構カップ戦でも勝っていたような気がするのですが…。

対戦相手は関学サッカー部。
ガンバはベストメンバー。
土曜日にルヴァンあるのにベスメンかと、ちょっとビックリしたのですが…。

とにかく今日の試合は前半抑え気味だったのか、押し込まれるシーンが多く、シュート数が少なすぎる状態。
相手が後半疲れることを見据えたのかと思っていたのですが、結構フラストレーションたまる内容でした。

後半に少しずつボールをキープし、シュート数も関学を上回るくらい打てるようになりましたが、さほど関学の運動量も落ちることはなく、ピンチもチャンスもそれなりにあったような…。
ガンバはミスが多く、流れがなかなか引き寄せられず、後半40分、関学の岩本選手(ガンバユース出身)にゴールを決められ、終わった…と思いましたが、その2分後に三浦選手が起死回生の同点弾で、なんとか引き分けに持ち込みました。

ところが延長前半早々得点を許し、その後チャンスも決め切れず、2-1で敗退いたしました。
試合終わって呆然…。
いや、簡単に勝てる相手ではないと思っていたけど、ここまでなんの希望も見出せない内容で負けるとは予想しておりませんでした。

相手関学はキーパーのファインセーブ連発&コンパクトなサッカーで、なんだかもう、ガンバは力負けしたような印象です…。


昨年後半から苦しい状態が続き、今シーズンが始まっても、なかなか勝てない試合が続き、それでもなんとかポジティブ要素を探し、なんとか必死に上を向いて応援してきたつもりでしたが、もうその気持ちも切れそうです。
 
今年のスローガンって「奪還」でしたよね。
何を奪還するのでしょうか。

問題は戦術や連携等にもありますが。もっと大きな問題があります。
長谷川監督時代から、監督自身補強に問題あるようなニュアンスの発言をされていたとおり、編成に問題があるとは思っていましたが、今年も枠がないからと、クルピ監督のリクエストを断り、その後遅れてようやくマテウス選手を加入させたという経緯から、一体強化部は何をしているのかと、不信感で一杯でしたが、もう今その不信感がピークに来ております。

この中断期間を無駄に終わらせることがないよう願うだけです。
 


あ~あ、今年はイニエスタ選手を観ることが一番の楽しみになりそうだわ…。

キスより先は契約違反

W杯ロシア大会のサッカー日本代表も発表され、じわじわサッカー熱が上がってきております。(イタリアが出ないことがかなり残念…目の保養度が下がる~…)

お知らせですが、ただ今発売中の別冊ハーレクイン83号に新作を載せて頂いております。
モーリーン・チャイルドさん原作「キスより先は契約違反」中山紗良 
Kisscolor  
 
こちらの作品は、ある日突然人生が根底から覆されるような秘密を告げられ、苦悩するヒロインのエリカが、前を向いて歩いていこうと決意するといったお話です。

エリカの立場だったら、かなりショックを受けるような出来事なんですが、ヒーローのクリスチャンの彼女を見守る態度がとても優しくて、そんな素敵な面が表現できていればいいなと思っています。
まあ、彼にも苦悩する場面はあるのですが…。

ぜひ読んで頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

パナソニックスタジアムのお隣

我がガンバのホームスタジアム、パナソニックスタジアム吹田に隣接した場所に、アメフト競技場のエキスポフラッシュフィールドがあります。

サッカー観戦に訪れた時、たまにアメフトの試合をしているのに遭遇するのですが、スタジアムのホームゴール裏コンコースからもバッチリ見えたりして、ガンバサポにはお馴染みのフィールドです。 

私が学生の頃には、アメフトは結構人気があったし(関学のアメフト部って有名でしたし)、はっきりルールはわからないまでも、たまにテレビでスーパーボウル等を観戦してたりしたのですが、この度の事件で思わぬスポットを浴びることになり、連日心が痛いニュースを見ることに…。
 
 
そして週末そのエキスポフラッシュフィールドで試合があり、それがネットで中継されることを知り、アクセスして超久しぶりに試合を観ました。
(パナソニックスタジアムがバンバン映るし)
しかも伝統の関関戦。(関西大学VS関西学院大学です)

関関戦って伝統の一戦で、昨年大学サッカーも観戦したのですが、OB達がたくさん集まり、お互い校歌を歌ったりして、それはそれは結構盛り上がっておりました。
(ちなみに関大サッカー部の監督は元ガンバ選手で、Jリーグ1万ゴール男、前田サンです)

そのアメフトの試合ですが、とても面白い内容で、全部観てしまったyo!
すごいパスが通ったり、すごいキックがあったり、すごいインターセプトがあったり、(アメフト用語わからん)イケメンがいたり(お決まりのミーハー目線ですが、関大のQBイケメンだったわ♪)目が離せない内容で、アメフトって面白いんだな~と改めて思いました。
負傷した関学の選手も復活し、素晴らしいプレーの連発で勝利に貢献していて、よかったです。

ハーフタイムの関学のチアリーディングのお姉さん達の演技もびしっと決まっていてよかったし、試合終了後、互いにエールを送り合い、関大の応援団のお兄さん(ピョンチャン五輪で取材されていたのを見たことがある)も男らしい応援だったし、観てよかったです。


パナスタが映る度、なんか嬉しくなってしまう。
サッカーはしばらく中断だし、J3はしばらくパナスタ使わないし、寂しいです。
あ、日本代表…W杯…。

心からガンバの勝利を喜べるよう、この中断期間中に立て直してもらいたいです。
 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅵ

ORIGINシリーズ最後の作品ということで、映画館に足を運びました。

昔は毎週のように映画館に足を運んでいたのですが、ここ10年ほどは映画はDVDやブルーレイ等家で気合抜けた状態で鑑賞することが当たり前になっておりました。

しかし今年3月に限定上映していた「君の名は。」を映画館で観て以来、やっぱ映画は映画館で観るに限ると思い直し、今回は大阪のエキスポシティの109シネマズで楽しみにしていたオリジン6を鑑賞いたしました。
Expo_2
画像がないと寂しいので…
   

1~5までは家で鑑賞していたのですが、最後は映画館でと思い参上。
やはり大きい画面は迫力ある!
入り口で黄色いCDサイズの大きさの物を頂いたのですが、描き下ろしミニ色紙でした。
(ブライトさん&ミライさんと、ホワイトベースでした)
 
 
*以下ネタバレが含まれます。
 
オリジン5が「ええ~!ここで終わり!?」状態だったので、6はその続きの戦争から始まると思ってはいたのですが、やはり戦争シーンが長かったです。
まあ、それがメインですけどね。
映像はキレイでした。
人間ドラマ的部分はあまりなかったなぁ。

この作品がファーストガンダムに繋がっていくのかと思うと、感慨深いです。
とはいえ、ガンダム全然出てこなかったわ~。
まあ、ここで出てくる流れではないのですが、ちょっとだけでも観たかった。
ザクは出まくってましたけど。
そしてシャアやアムロの登場シーンが(私的に)少ないっ!
シャアはキャーキャー言われているシーンがあったりして、そういうキャラだったのかと。いや、そーだけど。

でも最後の最後にホワイトベースが登場し、ちょっと感動。
キャラも沢山出て来ましたしね!
 
この後ファーストのリメイクはあるんでしょうか。
期待させるようなエンディングでしたが…。


 

そんなこんなで鑑賞終えて、相方と感想を言い合いながら駐車場から出た時、目の前にパナソニックスタジアムが見え、土曜の試合を思い出し、悲しい気分になる私でした…。


ついさっきまでテレビで観ていたデュッセルドルフの試合が、取られたら取り返す、かつてのガンバのような試合だったので、余計悲しくなった私です…。
宇佐美選手のゴールは素晴らしかったです。
(ちなみにJ3では、かつてのガンバのような試合が度々あります)

ルヴァンカップ対広島戦(AWAY)

スタメン見た時に、おおっ!と思ったので、さっさと晩御飯を作ってから、テレビの前でじっくり観戦。

今回はU-23のメンバーが主体で挑みます。
相手広島も選手を大幅に入れ替え。

主力からは長沢選手とジェソク選手がスタメン出場です(後半交代しましたが)。

    
キーパーは谷選手。
この1週間に沖縄から北海道、大阪経て休む間もなく広島へ…すごい移動距離だ…。


試合が始まってしばらくはシュートを立て続けに打っていたので、日曜日のJ3から中2日なのに、みんな元気だわ~、若いって素晴らしい~と思って観ていたのですが、だんだん相手にボールを持たれ、完全に広島ペースに。
ゴールもポンポン決められ、いいところなく2-0でリードされ前半終了。

2-0は危険なスコアとは思いつつ、前半の出来からして、う~むという感じで、心配しながら後半へ。

ところがそんな心配無用でした。
 
交代で森選手が入ってから、攻撃が活性化したような気がします。
そんな中、食野選手の素晴らしいゴールが決まって1点返し、徐々にガンバペースに。
その後妹尾選手が交代で入り、その妹尾選手のワールドクラス級のゴールが決まって同点に。
いいシュート打つな~と昨年からJ3で観ていたのですが、さすがです。
2日前にもゴール決めてるしね!

こうなると若さゆえのイケイケ感が出まくり、流れは完全にガンバペース。
コーナーキックから西野選手のヘッドが決まって逆転。
終盤泉澤選手が上手く時間をコントロールし、3-2で勝利しました。



取られたら取り返す、なんかこういうガンバ、とっても懐かしいです。
思わず頬が緩みます。



ぜひとも予選突破を!

連休最終日のJ3

久しぶりの万博記念競技場のガンバ大阪U23の試合は、首位を走る沼津に3-0で勝利しました。

前半苦しい場面もありましたが、後半はきちんと修正して、FWの選手2人とも得点し、以前からシュートにキレがあると注目していた妹尾選手も得点して、堅守の沼津から3点も取る、ガンバらしい試合でした。

よく守ったし、点が入ってからは若さゆえのイケイケ感が出ていて、試合もかなり盛り上がっておりましたね。
ウキウキしました。

この試合では矢島選手の活躍が印象的で、得点につながる素晴らしいクロスに惚れました。

そして松田選手のサイドからのクロスも正確だったし、守備もよかったです。

しかし谷選手の移動距離…すごすぎ。4日間で大阪から沖縄、そこから北海道へ、そして大阪に。
試合でもナイスセーブを披露し、脱帽です。


それにしても万博はのどかだわ~と、懐かしさで感慨もひとしお。

 

トップの試合は、キツイ日程の上長距離移動なのにメンバー固定だったので、厳しいかなと思っておりましたが、後半得点を決めるべきところで決めていれば、チャンスはあったかも…と思うと残念です。


 
次回のルヴァンこそ、若手の活躍が見たいです。

連勝~

平日水曜日、ガンバは中2日で挑んだベガルダ仙台戦に1-0で勝ち、今シーズン初の連勝です。
ホームでは4連勝です。

仙台は半分ほど先発変更して、ターンオーバーしておりましたが、ガンバは前節と同じのメンバー。
疲労は大丈夫かな…と思っておりましたが、やはり前半は押され気味で、キーパー林選手のファインプレーがなければとうなっていたのかとドキドキ。

後半頭から怪我から復帰の今野選手が登場!

待っておりましたよ~。
頼もしい限りです。
その今野選手が早速アシストで得点に絡みました。
絶妙のスルーパスに倉田選手の上手いゴールが決まって先制。
その後ピンチもチャンスもありましたが、無失点で勝利しました。
ホッとして脱力。
今年は力入れ過ぎた状態で観戦しているせいか、疲労感が…。
それにしても林選手、素晴らしいですね!
見てる方は緊張しますが、ご本人は落ちついているんでしょうね。
さすがいつぞやのファン感で、ニンニンジャーダンスをユース昇格組4人の中で、ひとりキレッキレで踊っていただけあるわ~。
これからも楽しみです。

J3の琉球戦は、2-1で負けましたが、後半1点返した後からは、もう1点取れそうな雰囲気があったので残念。
サイドの松田選手のクリア連発が印象的でした。

J3は沖縄遠征。トップチームは土曜に札幌戦。
ガンバは北へ南へ大移動ですね。

 
J1順位は調子のいい広島がダントツトップですが(パトがすごい!)、中位から下位まで勝ち点密集しているので、ここで順位を上げたいですね。
アウェイ札幌戦でぜひ勝利を!

楽しい週末気分が続きますように

先週末、鳥栖相手に3-0で勝利し、ガンバはホーム3連勝です。

昨年からホームで全然勝てなかった日々が続きましたが、やっぱホームで勝たなきゃね!

鳥栖戦に関しては、もう米倉選手が凄すぎました。
「ヨネすごーい、ヨネ最高、またヨネ~、ヨネどんだけ~」
テレビの前で叫びまくり~の…。
惜しいシュートがたくさんあったんですが、得点には結びつかず残念。

しかしまあ、この試合は選手全てプレスも早く、運動量あったし、とってもいい流れでした。

いい試合の後に、厳しい試合でヘコむことがあるので、明日こそいい流れで勝利を。


楽しい週末気分がこのまま続きますよう祈っております。

ハリルさんの会見

前日本代表監督ハリルホジッチ氏の記者会見を見るため、16時からテレビの前でスタンバっておりました。

全て見終えた感想として…

選手とのコミュニケーション不足といった、曖昧な理由で突然解任されたハリルの無念さが伝わってくる内容でした。
なぜ解任に至ったのか、その経緯を知りたかったようですが、結局今もわからないようで…。

ハリル監督解任に関しては、時期が時期だけに「今!?」と疑問だらけだったので、当然監督もそう感じたことは容易に理解できます。

昨年12月の東アジア選手権で、韓国に4-1で負けた試合後の解任だったらまだわかりますが(それもギリギリすぎるけど)、なんとも不可解な時期の解任だったので、ハリルの口から何か聞けるかと思ったのですが、ちゃんとした理由もなく、突然の解任だったことしかわかりませんでした。

なんの相談もなく、問題があることを指摘されることもなく、毎週ちゃんと協会スタッフと会議していたそうですが、何を話し合っていたのか?
会話は少なかったそうですが。

だとしたら、協会とハリルとのほうがよっぽどコミュニケーション不足じゃ…。

なんだかなあ…。
もやもやする。

今後優秀な外国人監督を招聘できるのか心配です…。



それにしても丹羽選手、やっぱいい人だ…。

ええっ…と

ターンオーバー…ナシですか?

運動量ある湘南に対して…

イエロー累積のファビオ選手の変わりに出た菅沼選手だけ?

湘南は3人ほどターンオーバーしているようですが…

ダービー終わってみなさん疲労の上アウェイ遠征で…

ポジれる要素が…ひとつもない…。



もう、つらい。





大阪ダービー&京都戦

とてもいい天気!しかし熱い!

原稿を無事仕上げ、ようやく今年初の生観戦DAYです!
はしごです!

面白かったサッカー生観戦は、長居で開催された昨年の大学サッカー日本一を決める総理大臣杯以来です。(昨年後半のガンバの試合は…忘却の彼方に)
総理大臣杯といえば、総理大臣杯で優勝し、Jリーグ入りしたものの怪我で引退した男性を企業のサッカークラブに勧誘するOLのお話を大昔に描いた覚えがあります…。
ちなみに生命保険会社が舞台だったので、チーム名がFCあんしん…。
滑ってる…。加地さん並に滑ってる!!
なんか…もう全然少女漫画とは言えない内容だったのに、そんなお話を掲載してくださった当時の編集さんに感謝…です…。


と、どうでもいい話は置いといて、サッカーの生観戦に飢えていた私は、ダービーの前にサンガとロアッソの試合を観に西京極へ参上いたしました。
久々に来た西京極。
のどか~。
数年前の関西サッカーリーグの入替戦以来の西京極。
うう…あの時を思い出すだけで北風に吹かれた寂しい気持ちが蘇り…。
応援していた選手の最後の姿が幻のように思い出されます。クスン。

 

思い出し涙を振り切り、サッカー大好き京都サポ・みおさんの案内で、グルメを堪能し、熊本ブースに立ち寄ったり、ゲストくまもんの体操を見たり、まったり過ごしました。

試合も白熱しており、ワーワー楽しく観戦いたしました。
残念ながら京都はロスタイムに逆転負けしてしまい、関西のチームを応援している私としては残念無念…。
内容は前半とてもよかったのに…。
もっと順位が上がるよう祈っております。

 
その後西京極からパナソニックスタジアム吹田へ移動。

互いに絶対に負けられない大阪ダービー。
チケットも完売し、日本で一番盛り上がるダービーの始まりです。

昨年ヴィッセル神戸戦で利用した際、くつろげるスペースと座席に満足し、年に1回くらいは利用しようと思っていたので今回はVシート60での観戦。
V601
↑気合が入りすぎていたため、室内の写真を取り損ねていたので、こちらは昨年の神戸戦のときの写真です。

こちらでの観戦は特に真夏の観戦にはいいかもしれません。
くつろぎスペースではクーラー効いているので、まったりできます。
ただし個人的感想ですが、熱く応援するというより、じっくり試合を観るといった方々が多いようなので、声出して思いっきり応援したいサポーターには少し物足りないかも?
ダービーに関しては神戸戦よりはかなり盛り上がっておりました。

Derby

バックスタンド側のコンコースをぶらっとして、Gマガジンをゲットし、ドキドキしながら座席へ。
ああ、独特の雰囲気のダービー。
燃えますね!

選手入場直前にどちらのゴール裏もコレオ出現。
「緊張する~!」と同行みおさんと話しながらキックオフの時間。

試合は前半早々ガンバは落ち着かない感じだったのですが、そんなときにアクシデントが!
DF三浦選手とGK東口選手が激突。
すごい勢いで当たったので、これはヤバい!と青ざめてしまいました。
三浦選手は倒れて動かない。
東口選手は打たれたシュートを本能のまま立ち上がりクリアしたのち再び倒れ…。
「激突した後いったん立ち上がったので東口選手は脳震盪ではないと思いますが、もしかしたら…」とみおさんがおっしゃったので、け、け、怪我!?
スタッフが東口選手を一生懸命諭してしたようなので、もう怪我で退場だな…と。
バツマークが出たので大ショックでした。
後でDAZN映像で試合を見返したとき、ヒガシの顔が腫れ上がっているのを見て大大ショックでした。
ヒガシがピッチを後にする場面を見てウルウル。
無念だったろうなぁ…。
でも…あの時どうして審判さん試合止めなかったんでしょうか。
セレッソの丸橋選手は止めるようアクションしていたのに。
即刻止めるべき場面だったように思います。
三浦選手は無事復活し、プレーを続けることに。

今までヒガシに助けられまくりだったこともあって、スミマセン、ヒガシが退場した時はもうガンバ終わった…と思ってしまいました。

急きょ出場することになったキーパー林選手。
でも前回のルヴァンカップでJ1初出場を果たしていたのがよかったのか、落ち着いていましたね。
観ている私達のほうが緊張していたYO!

アクシデント後、ガンバ選手の気合が一段と入ったようで、素晴らしいプレーが多々見られ、セレッソに押し込まれる時間もあったけど、なんとか抑えて面白い試合展開に。
火花飛び散る熱い戦い。
前半41分にウィジョ選手がPKを決めて1-0。
ガンバにもセレッソにもチャンスはあったけど、得点には至らず、そのまま試合終了。
ダービーを制し、ようやく最下位脱出です。



この試合で抜擢されたボランチ髙江選手の素晴らしかったことと言ったら。
危険察知能力が高く、読みがいい!
J3でも注目していたのですが、十分J1で通用する。
ものすごく楽しみな選手ですね!
J3の選手はみんな今いい経験積めているので、競争も激しく、誰がJ1に呼ばれてもきちんと役割こなしてくれそう。
昨年完全分離でJ3に出られなかった若手選手たちは、経験といった意味でつくづく勿体なかったなあと思います。
でもこれからなんぼでも爆発してほしいですね。


そしてキーパーの林選手。
J3でファインプレーを連発する試合もあったのですが、少し波があるかな、と思っていたのですが、ダービーでは突然出場することになったにも関わらず、とても落ち着いていてめっちゃよかったです。
絶対失点させないといった、周囲の選手のナイスプレーに助けられ、また林選手自身のビッグセーブもあり、完封!
燃えましたね~!

もう試合中は「みずきぃぃ~!!!」「れおぉぉぉ~!!!」と、みおさんと一緒に絶叫しまくってたな…。

もちろん若手選手が活躍できるのは、ピッチにいるすべての選手の頑張りがあるからこそ。
髙江選手は前目に遠藤選手がいたからこそ、落ち着いてプレーできたであろうし、ベテランの存在も頼もしいです。

しかし藤春選手は復帰したばかりとは思えないほどの、いつもながらのダントツ1番の走行距離。
倉田選手もあちこちに出没し、攻守に大活躍。
マテウス選手、長~い足でボールを奪取。
ジェソク選手には頭が下がります。
昨年ダービーで移籍初得点してホレたウィジョ選手。
センターバックの三浦・ファビオペアからは得点を許さないバリアが。
ヤット&藤本選手にボールが渡るだけで相手に怖さを与える存在感。
途中出場の米倉選手は相手にスキを与えず、安心して観ることができました。
また途中出場の中村選手、まだまだできるはず!期待しています。 

怪我で試合に出ていない選手も、早く復帰してほしい!
控えの選手も、持ち味を出して競争に勝ってほしい!

個人的に次回出るであろう菅沼選手にすごく期待しています。
みおさんから菅沼選手は京都でも山形でも、めちゃめちゃ頼りになる選手だったと聞いていたし、何よりガンバの降格が決まったジュビロの試合で涙している当時ジュビロの選手だった菅沼選手を観て、じーんときたので、とても印象に残っています。
J3でも格が違う働きぶりを観ていたので、素晴らしい活躍をしてくれるでしょう。


ところでセレッソの杉本選手、上手いですね。
ボール収まるし、背の高い技術のあるFWは脅威でした。 
 

それにしても若手選手がとても楽しみ!
そういった意味でクルピ監督の招聘はよかったと思います。
もちろん恒さまはじめ、元ガンバのコーチ陣の指導も、攻撃的サッカーを復活させ、叩き込むのに最適だと思います。

私が注目している松田選手、ガンバに入団することが決まっていたので、今年の高校サッカー選手権決勝で前橋育英の試合をテレビで観戦したのですが、安定したセンターバックといったイメージで、現ガンバの山口智コーチにプレースタイルが似ている気がしました。どこのポジションでも上手く順応していくでしょうから期待大です。


試合終了後、みおさんとウキウキしながら帰路へ。
「私の福ちゃんはどこに行ったの~?」
「陸くんって、名前からして惚れるわ~」
「わたしのケイトがね~」
「一美キュン~早くトップで観たい~」
とかミーハー丸出しの会話を楽しみながら、夜は更けていったのでした。
 
   

関係ない話ですが、今テレビでももクロのコンサートの話題で見たことのある陸スタが。
滋賀県東近江市の布引グリーンスタジアム。
最寄り駅は近江鉄道の無人駅、大学前駅。

数年前のJFLの試合(MIOびわこ滋賀VS佐川印刷京都の試合)観るため、そこからてくてくてくてくみおさんと一緒に歩いたな…と。

近江八幡観光もせず、ひたすらサッカー観戦のためだけの滋賀遠征。
その後ついでに滋賀県リーグを観るためビッグレイクへ。
移動距離が…もう旅行です。
4、5年くらい前は、あちこち出没していたな~。
フットワークが軽かったというより、注目している選手を観にウキウキ参上していました。
さすがミーハー。(むっつりミーハーです。ん?むっつりか!?)

最近JFLや関西リーグ等観戦していないので、こちらも久々に行きたいと思った私でありました。
 

週末久々にウキウキ気分だったので、こうしてだらだら楽しくたわごとを書きなぐる幸せを、ただただ満喫しております。



 

«クソ野郎と美しき世界

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

★インタビューをお受けいたしました

  • 中山紗良インタビュー
    私のようなマイナー漫画描きに、インタビューをしたいとおっしゃってくださった、ライターさんのサイトで、恐れ多くもインタビュー記事を書いて頂きました。

About Me

  • こちらに来ていただいたみなさま、はじめまして。ここは、管理人の私が、サッカー観戦(主にガンバ大阪)の備忘録として立ち上げたサイトでございます。 「中山紗良」というペンネームで、ハーパーコリンズ社さん発行のハーレクインロマンス漫画を描かせていただいております。 もし本屋さんやWEB上で私の名前を見つけて下さったなら、大変嬉しいです♪ ときどき(てか、かなり?)ミーハーモードが炸裂いたしますが、生温かい目で見守って下されば…と思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

ご感想頂けると嬉しいです。

無料ブログはココログ